本学会について
直線上に配置

繊維製品消費科学会とは
 繊維製品消費科学会は、繊維製品消費科学に関する研究の進歩と普及、学術の発展に寄与することを目的に1960年に設立され、当初から繊維と人間、繊維と社会との関係の究明に重点を置いた特徴ある学会として発展してきました。
.
.
繊維製品消費科学会のコンセプト
Vision
Mission
ビジョン【将来像】 ミッション【使命】
豊かな消費生活を創造するための
提案研究を目指す学会
消費科学を通じて
人と生活用品と住空間環境の
よりよき発展のために貢献する
5つのキーワード
     (1) 消費生活の変貌、大量消費から質の向上や感性の重視
     (2) 生活者側の視点
     (3) 「心のゆとりと豊かさ」を満たす消費科学
     (4) より使いやすい製品、より快適な生活環境の創造
     (5) 新しい生活を創造するための科学への取り組み
.
学会活動で最新情報を得る
 学会のビジョン、ミッションのもと、人と物や情報と生活の関係に重点を置き、高齢者衣服・生活用品、生活と色彩、消費科学情報、リサイクル・廃棄問題、住空間環境などの分野も積極的に取り上げ、消費科学が、必要かつ最も注目される分野となるよう発展して行こうとしています。繊維製品消費科学会の会員になると色々な学会活動に参加でき、最新の情報が交換できるとともに、幅広い知識を得ることができ、あなたの役に立つことができます。


生 活 文 化
社 会 心 理
消費者問題
消費科学情報
消費科学教育
消 費 者 心 理
消 費 者 行 動
 消 費 者 満 足
生活
健康・快適性
被 服 生 理 安  全  性 マーケティング
被 服 衛 生 住空間環境 流      通
被 服 機 構 商品メンテナンス
被 服  構 成 消費科学の研究領域 繊維製品企画
フ ァ ッ シ ョ ン 繊維製品設計
ア パ レ ル 科 学 被 服 材 料
高齢被服・生活用品 染色・仕上げ
性  能  評  価 物・情報 被 服 管 理
品  質  管  理 洗 浄 科 学
感性情報処理 イ ン テ リ ア
リサイクル・廃棄問題


学会役員名簿

直線上に配置

入会のお誘い

 学会のビジョン、ミッションのもと、人と物や情報と生活の関係に重点を置き、高齢者衣服・生活用品、生活と色彩、消費科学情報、リサイクル・廃棄問題、住空間環境などの分野も積極的に取り上げ、消費科学が、必要かつ最も注目される分野となるよう発展して行こうとしています。繊維製品消費科学会の会員になると色々な学会活動に参加でき、最新の情報が交換できるとともに、幅広い知識を得ることができ、あなたの役に立つことができます。
 
 入会や行事参加に際して、資格等は一切問われません。ネットワーク充実のため、むしろさまざまな分野、立場の方々のご入会、ご参加を望んでおります。ご入会をお待ちしています。
会員のメリット
■学会誌「消費科学」の郵送
毎月1回、解説・講座・報文や学会活動の案内等を満載した学会誌が無料でお手元に届きます。
■学会活動への参加
本学会が主催、共催する各種学会活動に参加できます。また、研究会・分科会への参加もできます。
■質問サービス
広く一般の方々からの質問を受け付けます。生活上のちょっとした疑問にも、専門家が公平な立場でお答えします。

■一般の方には・・
 暮らしに生かせる最新の情報を正確に提供します。
(毎月発行される学会誌は、最新情報の宝庫です。)
■企業の営業分野の方には・・
 自社の現・新製品のPR、また生活者への情報伝達の媒体として。
■大学・短期大学の研究者・学生の方には・・
 研究発表の場、また教育に要する最新情報の入手に。
(年次大会、学会誌上での研究発表は研究業績にも。)
■商店経営者の方には・・
 広告等にない新製品の詳細情報を提供します。
■小・中・高校の教育者の方には・・
 教育に生かせる最新情報を提供します。
(学会誌の講座、解説欄には、最新の正確な情報が盛り込まれています。)
■公共研究機関の方には・・
 活動のPR、生活者への情報提供サービスに。
■企業の研究分野の方には・・
 研究発表の場として、また商品動向の情報の入手に。

入会方法
 入会案内のページを御覧下さい。


平成13年8月28日の公益法人等の指導監督等に関する関係閣僚会議幹事会申合せ」に基づき、主務官庁からの通達により、インターネットによる公益法人の情報公開措置として下記を掲載します

 1.定款(PDF)  2.役員名簿  3.社員名簿<準備中>
 4.2019年度 事業報告(PDF)  
 5.貸借対照表(2020.3.31現在)、 2019年度正味財産増減計算書、 2019年度正味財産増減計算書内訳表、 財務諸表に対する注記、 財産目録(2020.3.31現在)、 監査報告(PDF)