2004年 年次大会について
直線上に配置

 

創立45周年記念 2004年 年次大会<終了しました>

 研究発表のプログラムはこちらをご覧下さい。

[月日] 6月12日(土),13日(日)の2日間<終了しました>
[会場] 大阪樟蔭女子大学小阪キャンパス(東大阪市菱屋西4-2-26) 
  近鉄奈良線 河内小阪駅下車 <地図は、大阪樟蔭女子大学学芸学部のページで、「ロケーション」をクリックして下さい>
   ◆難波から・・・・・・近鉄奈良線で河内小阪駅へ(普通で約20分)
   ◆JR大阪から・・・環状線で鶴橋へ(約15分)、近鉄奈良線に乗り換え河内小阪駅へ(普通で約10分)
  ※河内小阪駅に、快速急行・急行は停車しません。会場は、河内小阪駅から徒歩5分です。

第1日目 6月12日(土)13:30〜19:30<終了しました>

13:30〜15:00 研究発表 A・B・C 3会場

15:10〜16:00 特別記念講演 「江戸時代の遠島刑」 
            元大阪樟蔭女子大学教授・島根大学名誉教授 松尾  寿
 江戸時代には特定の離島へ向けて追放する遠島(流罪)という刑罰があり死刑に次ぐ重科といわれた.島根県の沖合い日本海に浮かぶ隠岐島は古来貴人の流刑の島として知られるが,江戸時代半ばに編纂された『御定書百箇条』では庶民の流刑地の一つに定められた.ここでは隠岐流人の史料に表れたさまざまな社会事象,流人の罪状,遠島の過程,流人の生活などを見ることによって,近世刑罰体型における遠島の位置について論述する.

16:15〜16:55 第45回総会
 議案 1)2003年度事業報告   2)2003年度決算報告    3)2004年度事業計画    4)2004年度収支予算   5)その他

16:55〜17:15 学会賞(論文賞)・奨励賞 贈賞式

17:30〜19:30 記念情報交換会 大阪樟蔭女子大学食堂


第2日目 6月13日(日)9:30〜16:30<終了しました>

9:30〜11:30 研究発表 A・B・C 3会場

 昼食・休憩 (11:30〜12:30)

12:30〜13:30 特別記念講演 「ウェアラブルコンピュータの衣服への進化」
             宝塚造形芸術大学 教授 志水  英二
 電子技術の進歩が産み出した身に付けることができるコンピュータ,ウェアラブルコンピュータは着々と新しい衣服の実現に向かって進化しつつある.この新しい衣服は伝統的な衣服がもち得なかった特長を有し,衣服産業と情報産業に強い刺激を与えるであろう.ウェアラブルコンピュータによる新しい衣服によってもたらされる豊かで安全,華麗な生活,これこそが21世紀の高度情報化社会である.

13:40〜16:30 研究発表 A・B・C 3会場

両日(開催時間内) 研究会・研究委員会活動レポート,記念展示

参加登録費
          前納(6月1日まで)   当日納め
   会  員   6,000円        7,000円
   非会員    8,000円        9,000円
   学生会員   4,000円       5,000円
 参加登録費には,当日お渡しする研究発表要旨集の代金を含みます.
 研究発表要旨集のみの代金は4,000円です.
 記念情報交換会会費 前納 4,500円      当日納め 5,500円

 2004年年次大会の研究発表のプログラムはこちらをご覧下さい。

直線上に配置

詳細は、学会事務局にお尋ね下さい。