このページを開いたとき、ブラウザーに、「セキュリティ保護のために制限がかかっている」旨などの表示が為されることがありますが、これは、このページに記載のe-mailアドレスの保護の為の方策(アドレスをJavaScriptで記述)によるものですので、制限を解除(許可)していただいて問題ありません。

学 会 行 事
直線上に配置

 主な学会行事としては、例年6月に行われている年次大会(総会・研究発表・講演など)、消費科学シンポジウムクリーニングに関する情報セミナー(例年、秋と年度末に開催)、快適性・健康を考えるシンポジウム(例年、年2回開催)、ファッション造形学セミナー消費性能試験法講習会消費科学講座見学・研修会実践アパレル講座各支部の行事、などがあります。

 このページでは、今後の学会主催の行事予定をお知らせします。学会誌4月号の会告の内容を反映しています。クリックして記載の事項をご覧下さい。<2017年4月30日改訂。>

北陸支部幹事会・総会ならびに特別講演会<5月8日、金沢>
第28回 消費科学講座 「不当景品類及び不当表示防止法」~一般消費者の選択を歪めない表示をするために~<5月12日大阪、5月19日東京>
第46回総会・講演会(中・四国支部)<5月16日、倉敷>
第3回 災害と安全研究会<6月23日、東京>

各行事の申込先に、e-mailアドレスを記載している場合がありますが、迷惑メールの原因とならないよう配慮しています。(アドレスを単純なテキストとして載せるのではなく、特殊な記述方法を採用しています。)

直線上に配置

北陸支部幹事会・総会ならびに特別講演会


[日   時]2017年5月8日(月)13:30~16:30
[会   場]石川県女性センター 4Fコンベンション室(石川県金沢市三社町1番44号)
[幹 事 会]13:30~14:00
[総   会]14:10~14:50
(1) 2016年度事業報告 (2) 2016年度決算報告 (3) 2016年度会計監査報告
(4) 2017年度事業計画 (5) 2017年度予算案 (6) 2017年度支部役員選出 (7) その他
[特別講演会]15:00~16:30
 「繊維製品の着衣快適性及び審美性の評価技術について」
   …………金沢大学 理工研究域 機械工学系 助教 若子 倫菜
[参 加 費]無料(会員以外の方も自由にご参加下さい)
[懇 親 会]17:00~18:30
[申込方法] ご参加の方は、「北陸支部総会・講演会」と明記し、氏名、所属、連絡先(住所、TEL、FAX、メール)をご記入の上、4月28日(金)までに下記宛にFAXかメールのいずれかでお申込み下さい。
[申 込 先]石川県工業試験場 繊維生活部 守田啓輔
       〒920-8203 石川県金沢市鞍月2-1
       TEL:076-267-8083 FAX:076-267-8090 :E-mail:


第28回 消費科学講座
「不当景品類及び不当表示防止法」
~一般消費者の選択を歪めない表示をするために~


 私たちは消費者として日々様々なものを購入しています。その購入を決める判断は、多くの場合広告宣伝や商品に付随する表示から判断しています。また生産者、販売者の立場では、表示は商品をPRする大事なツールでもあり、価格、品質、機能等の商品のアピールポイントやサービスの内容等を適切に表現し、一般消費者が正しく選択できる表示をつける必要があります。
 今回の消費科学講座では、「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」をテーマに、一般消費者の選択を歪めない表示を行うために、事業者が取り組むべきことを今一度考える機会にしていただければと考えています。
 基調講演では、監督省庁である消費者庁から、景品表示法について、優良誤認、有利誤認、不実証広告規制等の法律の概要と最近の法律の改正についてご講演いただきます。
 具体的事例として、洗剤、柔軟剤等の繊維関連商品や、スキンケア、化粧品等多岐に渡る商品を取り扱われている花王株式会社國米氏からは、自社における適正表示の推進体制をお話いただきます。消費科学研究所安井氏からは、食品業界の立場から平成25年のメニュー表示問題とその後の対応を、最後にスポーツ業界で作成されているスポーツ用品の表示に関する公正競争規約の概要をスポーツ用品公正取引協議会からお話いただきます。
 商品を世に提供する立場として、法律や規制を遵守した上で、正しく商品をアピールするにはどのようにすればよいか、自社の対応を考え見直す良い機会になればと考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

〔日 時〕
2017年5月12日(金) 9:50~17:00 大阪会場:ドーンセンター
  (〒540-0008 大阪市中央区大手町1-3-49)
  交通アクセス: 京阪天満橋駅:地下鉄谷町線天満橋駅から東へ徒歩5分
2017年5月19日(金) 9:50~17:00 東京会場:日本女子大学 新泉山館1階大会議室
  (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1)
  交通アクセス:JR山手線目白駅徒歩15分又は都営バス5分
    東京メトロ副都心線 雑司ヶ谷駅 徒歩8分
    東京メトロ有楽町線 護国寺駅 徒歩10分
〔内 容〕
(9:50~10:00)開会の挨拶
(10:00~11:30) 1. <基調講演>「不当景品類及び不当表示防止法について」  
  ………………消費者庁 表示対策課 課長補佐(企画担当) 原山 康彦
  景品表示法の改正が平成26年に行われ、行政の監視指導体制が強化されるとともに、事業者が講ずべき管理上の措置や不当表示を行った事業者に対する課徴金制度が導入された。これら最近の法改正や景品表示法の概要、過去の違反事例等について講演する。

(11:30~11:40)  <休憩>

(11:40~12:40)2. 「(株)レナウンの不適正表示発生 未然防止のための管理体制」 
  …………(株)レナウンアパレル科学研究所 代表取締役社長 藤吉 一隆
  レナウングループの商品については、当社で品質判定を行い合格した商品、または製品化を承認した商品のみを製品化している。繊維製品の製造販売に関する様々な法律(家表法、景表法、有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律、PL法等)の法律の遵守と一定水準の品質保証がこの制度の骨子である。過去発生した不適正表示事故事例から学び、未然防止のため構築してきた管理体制を紹介する。

(12:40~13:30)  <昼食>

(13:30~14:30) 3.「花王における適正表示の推進体制」
  …………花王(株) 法務・コンプライアンス部門 ブランド法務部 表示法務課長 國米 弘一 
 当社の企業行動規範である花王ビジネス・コンダクト・ガイドラインには、その基本精神である消費者起点の企業理念のもと、「広告は常に事実に基づいた公正な内容と適切な表現に努め、消費者が容易に確実に理解できるように、わかりやすく説明し誤解を与えないように努める」旨が、明記されている。その考えをいかに実践するか、適正な表示を推進するための社内体制を中心に紹介する。

(14:30~14:40)  <休憩>

(14:40~15:40) 4.「百貨店におけるレストランメニュー誤表示問題とその後の対応」
  …………(株)消費科学研究所 大阪研究所 食品グループ グループ長 上級食品表示診断士 安井 肇
 消費科学研究所は、大丸松坂屋百貨店の品質管理を担当しており、百貨店で取り扱う商品の品質検査及び表示点検などを実施し、企業と消費者の信頼関係を築く橋渡し役として活動しております。
今回は、平成25年11月のレストランメニュー等誤表示問題における顧客からの問い合わせ対応、具体的な再発防止策、自社の景表法ガイドライン内容などを説明します。併せて、食品関係の景表法等措置命令事例を紹介します。

(15:40~15:50)  <休憩>

(15:50~16:50)5.「スポーツ用品の表示に関する公正競争規約の概要」
  …………スポーツ用品公正取引協議会/ミズノ(株) 桐本 昌計 
 公正競争規約とは、消費者庁および公正取引委員会の認定を受けて、表示や景品類に関する事項について、自主的に設定している業界のルールです。 スポーツ用品の表示に関する公正競争規約は、スポーツ用品の表示が適正に行なわれるよう、昭和62年に制定され、各種スポーツ用品の必要表示事項、二重価格表示の基準、特定用語の使用基準等が決められています。今回は、その概要をご紹介します。

〔定 員〕 60名
〔参加費〕  会員(学校)9,000円、 会 員(企業・団体・官公庁)13,000円、非会員(学校)13,000円、 非会員(企業・団体・官公庁)17,000円、 学生 3,000円
〔申込方法〕参加をご希望の方は、次の申込みフォーム(大阪会場申込フォーム 東京会場申込フォーム)より必要事項を記入してお申込みください。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


第46回総会・講演会(中・四国支部)


〔月 日〕2017年5月16日(火)  
〔会 場〕児島市民交流センター2F 第1会議室 (倉敷市児島味野2-2-38)
〔幹事会〕13:00~13:25   
〔講演会〕13:30~16:30 (共催:日本繊維機械学会中国支部)
13:30~15:00 1.「機能性繊維開発ー素材からのアプローチ(仮題)・・・・クラレ西条(株)クラベラ生産開発部 園田康夫
15:00~16:30 2.「繊維用機能加工材の動向と安全性(仮題)・・・元日華化学(株) 金崎技術士事務所 金崎英夫
〔支部総会〕16:30~17:00
〔問い合わせ先〕〒739-8524 東広島市鏡山1-1-1  
 広島大学 大学院教育学研究科 人間生活教育学講座  村上かおり 
  TEL:082-424-6858    E-mail:  
※講演会:無料,会員外の方の参加歓迎(申込み不要)

第3回 災害と安全研究会


〔日時〕2017年6月23日(金)13:00~15:00
〔会場〕文化学園大学 A084教室 (〒151-8523 渋谷区代々木3-22-1)
  交通アクセス:新宿駅(JR、地下鉄、京王線、小田急線)徒歩7分
プログラム
 12:45~    受付
 13:00~13:05 開会の挨拶
 13:05~14:15 講演「放射性物質の曝露防護に使用されている化学防護服について」
       ……旭・デュポン フラッシュスパン プロダクツ株式会社 防護服グループ 阪口 清弘
 14:15~14:30 質疑応答
 14:30~14:55 化学防護服の試着体験
 14:55~15:00 閉会の挨拶

参加ご希望の方は、コチラの申し込みフォームよりお申し込み下さい。
〔問合せ先〕文化学園大学 服装学部 機能デザイン学研究室 小柴朋子 
電話・FAX 03-3299-2336  E-mail


直線上に配置

各行事の詳細は、学会事務局まで


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail