このページを開いたとき、ブラウザーに、「セキュリティ保護のために制限がかかっている」旨などの表示が為されることがありますが、これは、このページに記載のe-mailアドレスの保護の為の方策(アドレスをJavaScriptで記述)によるものですので、制限を解除(許可)していただいて問題ありません。

学 会 行 事
直線上に配置

 主な学会行事としては、例年6月に行われている年次大会(総会・研究発表・講演など)、消費科学シンポジウムクリーニングに関する情報セミナー快適性・健康を考えるシンポジウム(例年、年2回開催)、ファッション造形学セミナー消費性能試験法講習会消費科学講座見学・研修会実践アパレル講座各支部の行事、などがあります。

 このページでは、今後の学会主催の行事予定をお知らせします。学会誌4月号の会告の内容を反映しています。クリックして記載の事項をご覧下さい。<2019年4月26日改訂。>

第35回 消費科学講座~AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来~<5月17日京都、5月24日東京>
快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム2019<9月6日・7日、奈良>

各行事の申込先に、e-mailアドレスを記載している場合がありますが、迷惑メールの原因とならないよう配慮しています。(アドレスを単純なテキストとして載せるのではなく、特殊な記述方法を採用しています。)

直線上に配置

第35回 消費科学講座
~AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来~


 2018年経済白書を見ると,我が国経済は,アベノミクスの取組みの下,2012年末から緩やかな回復を続けており,景気回復期間は戦後2番目の長さとなるそうです.繊維・アパレル産業においても,持続的な成長を達成するためには,第4次産業革命とも呼ばれるスマートものづくりにおけるイノベーションへの取り組みが重要であり,その結果として生産性の向上や国民生活の豊かさにつなげることできると考えられます.そのためには,AIやIoTを活用した技術革新や新たなファッションビジネスを支える人材育成や労働環境を考える必要があります.
 今回は,AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来を語り合い,AIやIoT技術を活用した繊維産業におけるマーケティングおよび企画開発などを考え、ファッションビジネスの新たな潮流を捉える機会としてもらえればと思います.

〔日時・会場〕
2019年5月 17日 (金)13:00~17:30  京都会場 キャンパスプラザ京都 4階第4講義室
 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る
 地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車 徒歩5分
2019年5月24日(金) 13:00~17:30  東京会場 日本女子大学
 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
 JR山手線「目白」駅徒歩15分又は都営バス5分
 東京メトロ副都心線「雑司ケ谷」駅 徒歩8分
 東京メトロ有楽町線「護国寺」駅 徒歩10分
〔内容〕
(13:00~13:05) 開会の挨拶
(13:05~14:25) 1.講演「デジタルとファッションの融合とその未来」 
  ………………クチュールデジタル(株)  代表取締役 森田 修史
 日本のクリエイティビティーを生かし,ファッション・オン・デマンドをコンセプトに、ITの活用によって、究極のカスタマイズを実現することが可能となります.バーチャルフィッティングや在庫を必要としないビジネスを開発し,提供しています.

(14:25~14:35) 休憩

(14:35~15:55) 2.講演「AIが変革するアパレル・ファッションの未来とは?」
  ………………ニューラルポケット株式会社CSO 周 涵  
 画像や映像を解析する様々なAI技術を独自のアルゴリズムで開発し,アパレル,小売,商業施設や街づくり,通信領域におけるIoT・デジタル化の促進と,それを通じた消費者のライフスタイルの革新を目指しています.ファッションの流行を人工知能(AI)で予測するシステムなど,様々な取り組みを紹介します.

(15:55~16:05) 休憩

(16:05~17:25) 3.講演「パーソナル人工知能が拓くファッション産業の未来」
  ………………SENSY 代表取締役CEO 渡辺 祐樹  
 顧客一人ひとりの嗜好性や購買タイミングなどを感性として学習するパーソナル人工知能「SENSY」.その「SENSY」を活用して商品需要予測の精緻化を通じ追加発注やマークダウンの最適化を行う「SENSY-MD」やパーソナライズしたマーケティングを実現する「SENSY Marketing Brain」など,ビジネスの効率化や最適化をサポートするサービスをメーカーや小売などの企業向けに開発しています.

(17:25~17:30) 閉会の挨拶

〔定員〕70名
〔参加費〕  会 員(学校)6,000円, 会 員(企業・団体・官公庁)9,000円,非会員(学校)9,000円, 非会員(企業・団体・官公庁)12,000円, 学生 2,000円
〔申込方法〕参加をご希望の方は,次の申込みフォーム(京都会場申込みフォーム 東京会場申込みフォーム)より必要事項を記入してお申込みください.
〔申込・問合せ先〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  
 


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会 創立60周年記念事業
快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム2019
 International Symposium on Smart Textile and Thermal Comfort of Clothing 2019.
欧州スマートテキスタイル交流/快適性ワークショップ


 一般社団法人日本繊維製品消費科学会は、2019年に創立60周年を迎えることになりました。60周年を記念して、9月6日~7日に『創立60周年記念 快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム』を関係学会、各協会のご協力を得て開催いたします。
 第4次産業革命に入り、世の中はAI、ロボット、IoT、クラウドなどのキーワードに代表されるように益々便利な世の中へシフトして行きます。繊維産業もICT(情報通信技術)の飛躍的な進歩を背景にスマートテキスタイルの開発が世界的に活発になっております。介護やリハビリなどのヘルスケアやスポーツ分野を始め幅広い展開が期待されています。
 初日の特別招待講演では、アンドロイドの開発で著名な大阪大学大学院 石黒 浩 栄誉教授をお招きし、アンドロイドやスマートテキスタイルの将来展望についてご講演頂きます。また、ドイツで産声を上げたインダストリー4.0のご講演や、北米GoogleやドイツBMWでご活躍の方々より、スマートテキスタイルの最先端情報を紹介して頂きます。
2日目は、二つのワークショップを企画しております。一つ目は、化繊協会の協賛により、『 欧州スマートテキスタイルワークショップ 』を二つ目は、日本繊維製品消費科学会の快適性・健康研究委員会主催の『 快適性ワークショップ 』です。
 開催地は、古都奈良東大寺の近くに位置する奈良春日野国際フォーラムを選びました。本学会60周年記念事業に対する皆様のご理解とご協力、積極的な御参加をお願い申し上げます.

〔主 催〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会
〔共 催〕 繊維学会、日本繊維機械学会、スマートテキスタイル研究会、化繊協会、WIN、ナノファイバー学会
      在日フランス大使館貿易投資庁・ビジネスフランス、ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州 経済振興公社
〔協 賛〕 日本感性工学会
〔日 時〕 2019年 9 月6 日(金)~7日(土)
〔会 場〕 奈良春日野国際フォーラム(〒630-8212 奈良県奈良市春日野町101)
〔内 容〕 内容の概要は次の通りです。詳細は公式ホームページをご覧下さい。 
 9月6日(一日目) 招待講演・ポスターセッション・・企業展示・記念祝賀会
 9月7日(二日目) 基調講演・ワークショップ・ポスターセッション・企業展示
 9月5日(前日)
 (16:00~20:00)受付、展示準備
 (18:00~20:00)ウエルカムパーティー
〔記念祝賀会〕9月6日(金) 18:30~(会場:春日野国際フォーラム別館)
  詳細は公式ホームページにてご確認下さい。
 シンポジウムの参加および記念祝賀会への参加は、公式ホームページから事前登録をお願いします。

〔問い合わせ先〕(ポスター・企業展示を含む)
 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

直線上に配置

各行事の詳細は、学会事務局まで


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail