このページを開いたとき、ブラウザーに、「セキュリティ保護のために制限がかかっている」旨などの表示が為されることがありますが、これは、このページに記載のe-mailアドレスの保護の為の方策(アドレスをJavaScriptで記述)によるものですので、制限を解除(許可)していただいて問題ありません。

学 会 行 事
直線上に配置

 主な学会行事としては、例年6月に行われている年次大会(総会・研究発表・講演など)、消費科学シンポジウムクリーニングに関する情報セミナー快適性・健康を考えるシンポジウム(例年、年2回開催)、ファッション造形学セミナー消費性能試験法講習会消費科学講座見学・研修会実践アパレル講座各支部の行事、などがあります。

 このページでは、今後の学会主催の行事予定をお知らせします。学会誌2月号の会告の内容を反映しています。クリックして記載の事項をご覧下さい。<2019年2月28日改訂。>

平成30年度 第2回 見学会(関東支部)<2月28日、東京>
第6回オリンピック・パラリンピック勉強会<3月1日、奈良>
第46回 消費性能試験法講習会(わたしたちを守る繊維製品~多様な機能と性能評価について~)<3月8日大阪、3月22日東京>
◆第30回 ファッション造形学セミナー「美しいパンツのパターンメーキング」-全く新しいアプローチによるパンツの作図法-<3月9日・10日、東京>
太陽工業株式会社 見学会<3月13日、大阪・枚方>
東海支部総会ならびに講演会<4月13日、名古屋>
第57回 快適性・健康を考えるシンポジウム 高齢者の健康-歩行を中心として-<4月19日、京都>
第35回 消費科学講座~AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来~<5月17日京都、5月24日東京>
快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム2019<9月6日・7日、奈良>

各行事の申込先に、e-mailアドレスを記載している場合がありますが、迷惑メールの原因とならないよう配慮しています。(アドレスを単純なテキストとして載せるのではなく、特殊な記述方法を採用しています。)

直線上に配置

平成30年度 第2回 見学会(関東支部)


 平成30年度関東支部第2回見学会を下記の通り企画いたします。本回は、宝石の鑑別・鑑定を行っている株式会社中央宝石研究所東京支店へ訪問します。宝石の歴史から鑑別手法まで、幅広くお話が伺える貴重な機会となります。会員の他、非会員の皆さまのご参加もお待ちしております。
 
〔日 時〕2019年2月28日(木) 13:30~16:00
〔見学先〕株式会社中央宝石研究所 
 東京支店(〒110-0005 東京都台東区上野5-15-14ミヤギビル2F-6F)
 教育部 (〒110-0005 東京都台東区上野5-15-15中田ビル5F)
〔集合場所・時間〕JR御徒町南口駅前広場(おかちまちパンダ広場)13:30
〔内 容〕 13:30~13:45 集合・受付
14:00~14:50 講演「宝石について、鑑別の基本、最近の高度な分析について」
15:00~16:00 ワークショップとラボにて宝石の鑑別やダイヤモンドのグレーディング作業を見学
※ワークショップとラボ見学はグループに分けて実施します。
〔定 員〕 20名
〔参加費〕 会員・非会員:1,000円 学生:無料
〔申込期限〕2月15日(金)まで(ただし、定員になり次第締め切らせていただきます)
〔申込方法〕件名を「第2回見学会参加」とし、(1)氏名、(2)所属(学生の方は大学名と学年、企業の方は部署名)、(3)メールアドレス、(4)職場住所、(5)電話番号(当日の緊急連絡などのため、携帯番号もお知らせ下さい)、(6)会員・非会員をご記入の上、 宛にメールでお申し込み下さい。おって「受付完了メール」を送信します。
〔問合せ先〕(地独)東京都立産業技術研究センター 山田 巧  E-mail:


第6回オリンピック・パラリンピック勉強会


 第6回勉強会では,オリンピック・パラリンピックの日本代表チームの活動に研究者として携わる先生方にご講演していただきます。今回の講師は車いすバスケットボールと競歩をそれぞれサポートされており,競技特有の問題点などを踏まえてお話しいただきます.多くの皆様のご参加をお待ちしております.

〔日   時〕2019年3月1日(金)13:00~16:00
〔会   場〕奈良女子大学 生活環境学部 E棟E261 (〒630-8263 奈良市北魚屋西町)
        交通アクセス:近鉄奈良駅(1番出口)から徒歩約5分

〔プログラム〕12:45~ 受付
(13:00~13:05) 開会の挨拶
(13:05~14:05) 講演1.「車いすバスケットボール競技者における褥瘡リスクとその対策」(仮題)
  ……びわこ成蹊スポーツ大学 禰屋光男
 車いすバスケットボールでは試合時間の間、車いす座面上で身体を激しく動かして、プレーを行う。発汗に加え、競技者によっては排泄機能の低下により失禁なども加わり、座面上は多湿状態となり、そこで身体を動かすことで生じる摩擦などで皮膚にダメージが生じることもある。そのため通気性や吸湿・撥水性の繊維素材の探求が大きな課題となっている。

(14:05~14:25) 質疑応答
(14:25~14:35) 休憩
(14:35~15:35) 講演2. 「持久性競技アスリートの暑熱対策について」(仮題)
  ……大阪市立大学 都市健康・スポーツ研究センター 岡﨑 和伸
 気温や湿度の高い暑熱環境では持久性競技パフォーマンスが大きく制限を受ける。これには、体温の上昇および体液の量や組成の変化が深く関与する。このセミナーでは、暑熱環境下における持久性運動時の体液・体温調節機能について概説し、これらを背景とした持久性競技アスリートの暑熱対策についてお話する。
(15:35~15:55) 質疑応答
(15:55~16:00) 閉会の挨拶

〔参 加 費〕会員・非会員共:2,000円、学生:無料
〔申込方法〕参加をご希望の方は,こちらの申込みフォームより必要事項を記入してお申込みください.
〔問合せ先〕 奈良女子大学 生活環境学部 芝﨑 学 TEL:0742-20-3992  E-mail


第46回 消費性能試験法講習会
わたしたちを守る繊維製品~多様な機能と性能評価について~
人を守り、衛生と安全を維持するために必要な機能と品質は何か?判断基準や評価方法の原理とは?


 衣服や日用品に使われる繊維製品は我々の衛生と安全、快適な生活を維持するためになくてはならない最も身近なものです。例えば、暑さや寒さを防いだり、外部からの汚れの付着・侵入を防いだりと、様々な場面で我々を守っています。そして、こうした繊維製品の「守る」機能を、どのように数値として表し、どのような判断基準で評価するかは、品質管理や流通において重要な課題です。
今回の講座は、繊維製品の大事な機能である「守る」をテーマとし、講演では、製品の品質をどのように捉えて管理していくかといった、評価・管理スキームの構築と運用について、また、製品に含まれる化学物質の安全性に関する考え方や評価手法について、理解を深めてまいりたいと思います。また実習では、テーマに関連する試験方法の中から、いくつかの代表的な項目を取り上げます。そして、製品の使用シーンや用途に合わせた試験条件の設定、試験の原理、数値の見方などの基本的な解説とともに、実習を行い、実践で学びます。
(ここで取り上げる試験方法の中には、JIS法として近日中に発行される見込みの試験方法も含まれます。)
 特定の使用シーンでその機能を発揮する製品において、消費者はその機能の有無や性能の大小のみに着目しがちですが、製造者や販売者としては、その他の性能評価や安全性の確認も必要となります。また、認証やマーク制度といった大きな枠組みにおける品質の評価は、日本国内にいくつかの事例があり、その運用の仕組みや、基礎的な考え方は、社内で品質管理を実施していくうえで有用なヒントになることと存じます。
 実践はもとより、ものづくりの管理の在り方まで、実践と考え方の両面をとらえた内容として、自信をもってお勧めいたします。 どうぞ皆様のご参加をお待ちしております。
 なお、同業他社の方は、午前の講義のみご参加いただけます。午後の実習にはご参加いただけませんので、予めご了承ください。

〔日時・会場〕
 大阪 2019年3月8日(金)  9:50-17:00 (一財)カケンテストセンター大阪事業所本所
 東京 2019年3月22日(金)  9:50-17:00 (一財)ニッセンケン品質評価センター蔵前ラボ
〔定員〕 大阪、東京とも各50名
〔内容〕
午前
・講演1.(10:00~11:00) 「認証制度における品質の捉え方と制度運用の仕組み」
  ・・・・・・越智 清一
 防炎製品の適合・認定制度や機能加工製品の認証制度、等を例とし、その基本的な考え方、制度運用の仕組み等について解説する。認証制度の要求事項は、製品が備えるべき必須の品質と捉えることができる。また、市場においてこれらの要求事項が継続的に満たされていることも重要であり、認証制度にはサーベイランスの仕組みも備わっている。これら認証制度の仕組みは、品質管理の運用全般においても、ひとつの参考になるものと思われる。

・講演2.(11:00~12:00) 「消費者製品に含まれる化学物質のリスク評価」
  ・・・・・・独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE) 藤原 亜矢子
 消費者製品の製造、流通、使用の各過程には、化学物質による様々なリスクが存在する。化学物質の製造者だけでなく、それらを使用しものづくりを行う事業者についても、消費者が商品を使用し、廃棄することを考慮の上、環境負荷及び人の健康に対する安全性を確認し、リスクの低減につなげることが重要である。講演では、関連する規制等に触れつつ、化学物質のリスク評価手法について解説し、繊維業界においてよく知られる機能加工剤についてのリスク評価や事故の事例についても紹介する

午後
 試験方法を中心に、生地や製品の状態や感じ方の体験なども含めて研修して頂きます。
・実習概説 13:00~13:10 (全員)
・実  習 13:10~17:00 (グループごとに班分けし、研修)  

 実習項目  試験法 講師 
 保温性“寒さ”から守る JIS L 1096
KES法
【大阪】
(一財)カケンテストセンター
大阪事業所 職員

【東京】
(一財)ニッセンケン品質評価センター
東京事業所 職員
 遮熱性 “日差しの暑さ”から守る 人工太陽照明灯法
 紫外線遮蔽性、UPF “紫外線”から守る アパ対協法
AS/NZS4399
 防汚性 “汚れ”から守る JIS L 1919
 抗菌性、抗ウイルス性 “菌やウイルス“から守る JIS L 1902
JIS L 1922
 表面フラシュ、難燃性 “炎のキケン”から守る
※大阪会場のみ
JIS L 1917
JIS L 1091
 透け防止性 “視線”から守る
※ 東京会場のみ
JIS L 1923

〔参加費〕 会員(学校)9,000円,会員(団体・企業・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円,非会員(団体・企業・官公庁)17,000円,学生3,000円
〔申込方法〕 参加希望の方は,次の申込フォーム(大阪会場 東京会場)からオンラインでお申し込み下さい。
〔問合せ先〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


第30回 ファッション造形学セミナー
「美しいパンツのパターンメーキング」
-全く新しいアプローチによるパンツの作図法-


従来の製図方法とはまったく違う考え方でパンツのパターンを作成します。パンツは難しいと思っていた人は、まずパンツの構造を理解しましょう。いままで分からないことが多かったパンツの製図も、「これなら分かる!」と思える画期的な製図方法を紹介します。また、カジュアル系パンツとエレガンス系パンツの違い、アイロンのかけ方によるシルエットの変化、更にパターンの修正方法なども解説します。
講師は2017年に東京都優秀技能者(東京マイスター)を受賞された元イトキン株式会社 技術課長の菊地正哲氏をお迎えいたします。皆様のご参加をお待ちしています。

〔主 催〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会
〔協 賛〕一般社団法人 日本家政学会
〔日 時〕2019年3月 9日(土) 13:00~17:00   3月10日(日) 10:00~15:45
〔会 場〕文化学園大学 A館13階実習室(〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1)
  交通アクセス:JR(山手線・中央線・総武線・埼京線),地下鉄(都営新宿線・都営大江戸線・丸の内線),小田急線・京王線→新宿駅南口より甲州街道に沿って初台方面へ徒歩7分
〔定 員〕40名
〔内 容〕
3月9日(土)13:00~17:00
 12:30~受け付開始
 13:00~13:10 開会・お知らせ
 13:10~15:00 講義・計測
 15:00~15:15 休憩
 15:15~16:45 講義・作図師範
 16:45~17:00 質疑応答
3月10日(日)10:00~15:45
 10:00~10:10 開会・お知らせ
 10:10~12:00 作図実習
 12:00~13:00 昼食休憩(昼食は各自ご持参下さい)
 13:00~14:30 作図実習
 14:30~15:30 試着デモンストレーション
 15:30~15:45 質疑応答
 15:45      閉会
今回は計測をしてご自分のパンツ原型を作成することが出来ます、希望する方は必ずパンツ着用でご参加ください。計測しない方は9号サイズの原型をご用意しています。

〔持参品〕製図用具(シャープペンシル,消しゴム,定規)、メジャー、カッター又は紙切りバサミ
〔参加費〕会員(学校)15,000円, 会員(企業・団体・官公庁)20,000円, 学生5,000円,
非会員(学校)20,000円,非会員(企業・団体・官公庁)25,000円
〔材料費〕500円程度
〔申込み方法〕参加をご希望の方は,こちらの申込フォームからオンラインでお申し込みください.
〔問合せ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


太陽工業株式会社 見学会
~世界を舞台に活躍する太陽工業が備え持つ最先端の技術力~


太陽工業株式会社は、1922(大正11)年創業、1946(昭和21)年に設立され、「膜」を創業の原点に、生活と産業に貢献できる価値創造を追求してこられました。軽量で柔軟な膜材は建築物の天井などに活用され、覆うだけでなく独自の意匠性、ライティングの美しさ、開放的な空間の心地よさ、耐震性の高さや、環境への優しさなど多くのメリットがあります。厚さわずか1mm程度の建材ながら、40年を超える耐久性を兼ね備え、「東京ドーム」「上海インターナショナルサーキット」、各国オリンピックスタジアム、空港、イスラム教二大聖地の1つ、メディナの巡礼施設「預言者モスク」といったクラスの大型建築から、身近な日除けシェルターまで世界各地にランドマークを創っておられます。
また膜がもたらす効果は幅広い分野・用途に亘り、直近では、ごみ焼却施設の煙突外壁部分に膜構造を採用した世界初の「次世代煙突」において、新工法による軽量化・環境性能などが評価され、公益財団法人日本デザイン振興会「グッドデザイン賞」の「2018年度グッドデザイン賞」を受賞されました。
この度同社ご協力のもと、枚方工場の見学会を企画させていただきました。膜材は主に建築分野で利用されていますが、繊維製品のひとつです。屋外で使用されるため、防汚性や耐久性、撥水性など高い性能が求められ、品質管理も徹底されています。このような点においては、繊維業界にも通ずるところがあります。大変貴重なこの機会に、是非皆様のご参加をお待ちしております。なお,同業他社の方はご参加頂けませんので,ご了承ください.

〔日 時〕 2019年3月13日(水) 13:25~16:15
〔会 場〕 太陽工業株式会社 枚方工場(大阪府枚方市招提田近3-20)
〔集 合〕 13:15 現地集合(厚生棟2F食堂に集合)正門を入り左手に案内を表示予定。

≪アクセス≫できるだけ公共交通機関を利用してお越しください。
(1)京阪本線 樟葉駅下車。バス乗車後、「田辺3丁目」で下車。(乗車時間約12~14分程度)
<バス停> 駅前ロータリー4番乗り場
<系統番号> 1、2、2A、大2、大2Aの、ポエムノール 北山行き
<時刻>  12時03、13、33、43、53分発 のいずれかのバスにご乗車ください。
(2)京阪本線 樟葉駅からタクシー利用 「企業団地の太陽工業」とお伝えください(約1,500円)。

〔内 容〕
13:25      集合
13:30~13:35 学会挨拶
13:35~14:05 枚方工場紹介(ビデオ込み)
14:05~14:35 技術研究所紹介
14:35~14:45 休憩
14:45~16:00  3班に分かれて見学 (1)工場見学1、(2)工場見学2、(3)ビデオ鑑賞
16:00~16:15  質疑・応答
16:15     解散

〔定 員〕 先着30名 (申込み状況によって、同一企業複数名でのご参加をご遠慮いただく可能性がございます。予めご了承ください。)
〔参加費〕 会員:3,000円、非会員:4,000円、学生:2,000円
〔申込方法〕 参加希望の方は、こちらの申込フォームからオンラインでお申し込みください。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


東海支部総会ならびに講演会


[主  催]日本繊維製品消費科学会 東海支部
[日  時]2019年 4月13日(土)13:20~15:30
[会  場]金城学院大学 N1棟5F 509教室(教室は予定) 名古屋市守山区大森2-1723
名古屋駅から地下鉄東山線・藤が丘行に乗車し、「栄駅」下車、名鉄瀬戸線・尾張瀬戸方面行に乗換え、「大森・金城学院前駅」下車、北へ徒歩5~6分
[総  会]13:20~13:50
(1)2018年度事業報告および会計報告
(2)2019年度事業計画および予算案
(3)2019年度支部役員および幹事案
(4)その他
[講 演 会]14:00~15:30
 講師:中河原毅氏                
 演題:「繊維製品の開発と今後の展望」
  一般参加可
[参 加 費]会員・一般500円(学生無料)
[申込方法]3月29日(金)までに、「東海支部総会・講演会」と明記し、氏名、所属(学生は学年も)をご記入の上、下記までE-mailにてお申込ください。
[申 込 先]東海学園大学 スポーツ健康科学部 伊藤きよ子 E-mail:


第57回 快適性・健康を考えるシンポジウム
高齢者の健康 -歩行を中心として-


 第57回のシンポジウムでは、「高齢者の健康 -歩行を中心として-」をテーマといたします。
 超高齢化社会を迎えた日本において、健康寿命を延ばすことが大きな課題になっています。なかでも「歩行」は身体機能、認知機能を高める効果があるとの報告もあり、多くの研究がなされています。
 基調講演として、井口傑先生(慶応大学 元教授)に歩行から見た老いについてお話を伺います。また、岡崎和伸先生(大阪市立大学)には、歩行を中心とした運動の効果についてお話しいただきます。研究発表では高橋隆宜様(株式会社ノビデック)から、高齢者の3次元歩行解析についてご発表いただき、青木識子先生(文化学園大学)には高齢女性の歩行特性と靴の履用効果についてご発表いただきます。また、八幡健太郎様(ミズノ株式会社)からは高齢者の靴設計についてお話しいただきます。
 今回のシンポジウムでは、高齢者の歩行に関して、その特性や効果についての理解を深め、靴の設計はもちろんのこと、歩行を考慮した靴下、下肢ウエアなどの衣服設計のヒントを得る機会となればと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

〔日  時〕 2019年4月19日(金)10:00~17:15
〔会  場〕 キャンパスプラザ京都 4階第3講義室
       〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
〔内  容〕 
開会の挨拶(10:00~10:10) 
(10:10~11:40)1.基調講演1「二足歩行から見た、老いると言うこと」
   ………慶応大学 元教授 井口 傑
 人間とは常時直立二足歩行をする動物です。個体発生は主の発生を繰り返すと言いますが、無重力環境の子宮内から誕生し、重力下の環境で四脚移動を経て、二足歩行を達成した後、杖歩行から車椅子、寝たきりと、成長とは逆の道をたどり、死に至ります。老いを進化や成長のミラーイメージと捉え、歩行から見た老いを考えます。
(11:40~11:45) 休憩
(11:45~12:15)2.研究発表1「高齢者の3次元歩容解析」
  ………(株)ノビデック 高橋 隆宜
 個人差が大きく、年代によって高齢者の歩容は変化します。それらを数値化する指標には、歩行速度や関節角度、歩幅などが挙げられます。それらを総合的に解析する方法として3次元動作解析を用いた客観的手法があります。今回はその現状と進化に関して講演させていただきます。
(12:15~13:15) (昼食休憩)
(13:15~14:45)3.基調講演2「高齢者における歩行を中心とした健康づくり」 
  ………大阪市立大学 岡崎 和伸
 健康長寿を実現するためには、高齢期はさることながら、生涯を通した活動的で健康的な生活(アクティブヘルスライフ)が重要です。本講演では、歩行を中心とした日々の身体活動や運動と日常生活活動および居住環境との関連について、また、無理なく取り組め体力向上や生活習慣病の予防・改善効果が実証されている運動の効果について概説します。
(14:45~14:50) 休憩
(14:50~15:20)4.研究発表2「高齢女性の歩行特性並びに靴の履用効果に関する研究」
  ………文化学園大学 青木 識子
 高齢社会を迎えたわが国では,高齢者の安全で活動的な生活実現のための研究が広く求められています.本研究では,高齢者の歩行特性を明らかにするため,高齢女性と若年女性を対象に,両群の歩行特性とそれに及ぼす履物の影響について,三次元動作解析と筋電図解析により複合的に検討することを目的とします.
(15:20~15:50)5.研究発表3「高齢者の靴の設計について」
  ………ミズノ(株) 八幡 健太郎
 超高齢社会の日本では、スポーツを含む活動を通じて健康年齢を高めることが求められています。しかし、膝・腰などの不具合によって、ウォーキングなどの健康運動をやめてしまう方が多くいることが知られています。今回、歩行中の膝への負担軽減を目的としたシューズ開発を行いましたので、ご紹介いたします。
(15:50~16:00) 休憩
(16:00~16:50)6.総合討論
(16:50~17:15) 閉会の挨拶・名刺交換会
〔定  員〕 80名
〔参 加 費〕 会 員(学校) 9,000円,会 員(企業・団体・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円,非会員(企業・団体・官公庁)17,000円,学生3,000円 
〔申込方法〕参加をご希望の方は、こちらの申込みフォームより必要事項を記入してお申込みください。 
〔問合せ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


第35回 消費科学講座
~AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来~


 2018年経済白書を見ると,我が国経済は,アベノミクスの取組みの下,2012年末から緩やかな回復を続けており,景気回復期間は戦後2番目の長さとなるそうです.繊維・アパレル産業においても,持続的な成長を達成するためには,第4次産業革命とも呼ばれるスマートものづくりにおけるイノベーションへの取り組みが重要であり,その結果として生産性の向上や国民生活の豊かさにつなげることできると考えられます.そのためには,AIやIoTを活用した技術革新や新たなファッションビジネスを支える人材育成や労働環境を考える必要があります.
 今回は,AIテクノロジーが拓くファッション産業の未来を語り合い,AIやIoT技術を活用した繊維産業におけるマーケティングおよび企画開発などを考え、ファッションビジネスの新たな潮流を捉える機会としてもらえればと思います.

〔日時・会場〕
2019年5月 17日 (金)13:00~17:30  京都会場 キャンパスプラザ京都 4階第4講義室
 〒600-8216 京都市下京区西洞院通塩小路下る
 地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車 徒歩5分
2019年5月24日(金) 13:00~17:30  東京会場 日本女子大学
 〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1
 JR山手線「目白」駅徒歩15分又は都営バス5分
 東京メトロ副都心線「雑司ケ谷」駅 徒歩8分
 東京メトロ有楽町線「護国寺」駅 徒歩10分
〔内容〕
(13:00~13:05) 開会の挨拶
(13:05~14:25) 1.講演「デジタルとファッションの融合とその未来」 
  ………………クチュールデジタル(株)  代表取締役 森田 修史
 日本のクリエイティビティーを生かし,ファッション・オン・デマンドをコンセプトに、ITの活用によって、究極のカスタマイズを実現することが可能となります.バーチャルフィッティングや在庫を必要としないビジネスを開発し,提供しています.

(14:25~14:35) 休憩

(14:35~15:55) 2.講演「AIが変革するアパレル・ファッションの未来とは?」
  ………………ファッションポケット株式会社CSO 周 涵  
 画像や映像を解析する様々なAI技術を独自のアルゴリズムで開発し,アパレル,小売,商業施設や街づくり,通信領域におけるIoT・デジタル化の促進と,それを通じた消費者のライフスタイルの革新を目指しています.ファッションの流行を人工知能(AI)で予測するシステムなど,様々な取り組みを紹介します.

(15:55~16:05) 休憩

(16:05~17:25) 3.講演「パーソナル人工知能が拓くファッション産業の未来」
  ………………SENSY 代表取締役CEO 渡辺 祐樹  
 顧客一人ひとりの嗜好性や購買タイミングなどを感性として学習するパーソナル人工知能「SENSY」.その「SENSY」を活用して商品需要予測の精緻化を通じ追加発注やマークダウンの最適化を行う「SENSY-MD」やパーソナライズしたマーケティングを実現する「SENSY Marketing Brain」など,ビジネスの効率化や最適化をサポートするサービスをメーカーや小売などの企業向けに開発しています.

(17:25~17:30) 閉会の挨拶

〔定員〕70名
〔参加費〕  会 員(学校)6,000円, 会 員(企業・団体・官公庁)9,000円,非会員(学校)9,000円, 非会員(企業・団体・官公庁)12,000円, 学生 2,000円
〔申込方法〕参加をご希望の方は,次の申込みフォーム(京都会場申込みフォーム 東京会場申込みフォーム)より必要事項を記入してお申込みください.
〔申込・問合せ先〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  
 


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会 創立60周年記念事業
快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム2019
 International Symposium on Smart Textile and Thermal Comfort of Clothing 2019.
欧州スマートテキスタイル交流/快適性ワークショップ


 一般社団法人日本繊維製品消費科学会は、2019年に創立60周年を迎えることになりました。60周年を記念して、9月6日~7日に『創立60周年記念 快適性とスマートテキスタイル国際シンポジウム』を関係学会、各協会のご協力を得て開催いたします。
 第4次産業革命に入り、世の中はAI、ロボット、IoT、クラウドなどのキーワードに代表されるように益々便利な世の中へシフトして行きます。繊維産業もICT(情報通信技術)の飛躍的な進歩を背景にスマートテキスタイルの開発が世界的に活発になっております。介護やリハビリなどのヘルスケアやスポーツ分野を始め幅広い展開が期待されています。
 初日の特別招待講演では、アンドロイドの開発で著名な大阪大学大学院 石黒 浩 栄誉教授をお招きし、アンドロイドやスマートテキスタイルの将来展望についてご講演頂きます。また、ドイツで産声を上げたインダストリー4.0のご講演や、北米GoogleやドイツBMWでご活躍の方々より、スマートテキスタイルの最先端情報を紹介して頂きます。
2日目は、二つのワークショップを企画しております。一つ目は、化繊協会の協賛により、『 欧州スマートテキスタイルワークショップ 』を二つ目は、日本繊維製品消費科学会の快適性・健康研究委員会主催の『 快適性ワークショップ 』です。
 開催地は、古都奈良東大寺の近くに位置する奈良春日野国際フォーラムを選びました。本学会60周年記念事業に対する皆様のご理解とご協力、積極的な御参加をお願い申し上げます.

〔主 催〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会
〔共 催〕 繊維学会、日本繊維機械学会、スマートテキスタイル研究会、化繊協会、WIN、ナノファイバー学会
      在日フランス大使館貿易投資庁・ビジネスフランス、ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン(NRW)州 経済振興公社
〔協 賛〕 日本感性工学会
〔日 時〕 2019年 9 月6 日(金)~7日(土)
〔会 場〕 奈良春日野国際フォーラム(〒630-8212 奈良県奈良市春日野町101)
〔内 容〕 内容の概要は次の通りです。詳細は公式ホームページをご覧下さい。 
 9月6日(一日目) 招待講演・ポスターセッション・・企業展示・記念祝賀会
 9月7日(二日目) 基調講演・ワークショップ・ポスターセッション・企業展示
 9月5日(前日)
 (16:00~20:00)受付、展示準備
 (18:00~20:00)ウエルカムパーティー
〔記念祝賀会〕9月6日(金) 18:30~(会場:春日野国際フォーラム別館)
  詳細は公式ホームページにてご確認下さい。
 シンポジウムの参加および記念祝賀会への参加は、公式ホームページから事前登録をお願いします。

〔問い合わせ先〕(ポスター・企業展示を含む)
 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

直線上に配置

各行事の詳細は、学会事務局まで


一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail