このページを開いたとき、ブラウザーに、「セキュリティ保護のために制限がか かっている」旨などの表示が為されることがありますが、これは、このページに記載のe-mailアドレスの保護の為の方策(アドレスを JavaScriptで記述)によるものですので、制限を解除(許可)していただいて問題ありません。

学 会 行 事
直線上に配置

 主な学会行事としては、例年6月に行われている年次大会(総会・研究発表・講演など)、消費科学シンポジウムクリーニングに関する情報セミナー快適性・健康を考えるシンポジウム(例年、年2回開催)、ファッション造形学セミナー消費性能試験法講習会消費科学講座見学・研修会実践アパレル講座各支部の行事、などがあります。

 このページでは、今後の学会主催の行事予定をお知らせします。学会誌2月号の会告の内容を反映しています。クリックして記載の事項をご覧下さい。<2020年2月28日改訂。>

第47回 消費性能試験法講習会 繊維製品の付加価値とリスク ~機能と事故を考える~<3月6日東京、3月19日大阪>※中止になりました
第32回 ファッション造形学セミナー「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」<3月7日・8日、東京>※中止になりました
研究談話会(東海支部)<3月11日、名古屋>
第39回クリーニングに関する情報セミナー~コインランドリーを含むクリーニング機と商業クリーニングの理解~<3月17日、伊豆の国市>※中止になりました
岡本株式会社奈良事業所見学会~岡本株式会社のR&D部門とソックス生産工場~<3月25日、奈良>※中止になりました
第59回「快適性・健康を考えるシンポジウム」 快適性・健康を製品設計に活かす ~快適性評価のすべてがここに~<4月24日、京都>
第38回消費科学講座(予告)「繊維は酷暑を克服できるのか?」-夏場の運動やビジネスシーンにおける最適な衣料とは-<5月15日大阪、5月22日東京>

各行事の申込先に、e-mailアドレスを記載している場合がありますが、迷惑メールの原因とならないよう配慮しています。(アドレスを単純なテキストとして載せるのではなく、特殊な記述方法を採用しています。)

直線上に配置
第47回 消費性能試験法講習会
繊維製品の付加価値とリスク ~ 機能と事故を考える ~

 付加価値を与える機能素材・機能加工には、その特性ゆえに発生する事故・リスクがある。機能性と事故リスクが相互に関連する例から、機能の評価方法と品質事故・品質不良の原因を探る手法を学びます。
 消費者ニーズに応えるため、付加価値として付与した機能素材や機能加工が、別の品質事故や機能低下の原因となる場合があります。例えば、ストレッチ性を付与するためのポリウレタン弾性糸が、脆化により飛び出したり、移染の原因になるなどの品質事故は後を絶ちません。
 商品開発においては、ニーズを優先するあまり見落としがちなリスクがあることに十分留意し、多様な観点から危険ポイントを押さえた設計をすることが肝要 となります。機能の付加価値とリスク、両面から検討しバランスを取る必要性を理解し、商品設計に生かしていただきたいと思います。
 今回の講座では、クリーニング処理における具体的な事故事例などをご紹介するとともに、品質リスクを未然に防ぐための手法と機能加工剤の特性とリスク・ 注意点を学んで頂きます。また、機能性の試験方法を中心とした実習を全員に体験いただき、不具合を見抜くための評価方法や、評価のメカニズムを理解いただ きます。なお、同業他社の方は、午前の講義のみご参加いただけます。午後の実習にはご参加いただけませんので、予めご了承ください。
 ※新型コロナウイルスの感染予防のため、第47回消費性能試験法講習会は東京、大阪とも中止(または延期:開催未定)になりました。何卒ご了承ください。

〔日時・会場〕
2020年3月6日(金)  9:50~17:00
 東京会場: (一財)日本繊維製品品質技術センター 東部事業所
  (〒108-0023 東京都港区芝浦3-13-16)
  交通アクセス:J JR山手線 「田町」 駅東口より徒歩5分
  都営地下鉄浅草線「三田」駅A4出口より徒歩8分
2020年3月19日(木)  9:50~17:00 
 大阪会場: (一財)ボーケン品質評価機構
  (〒552-0021 大阪市港区築港1丁目6番24号)
  交通アクセス:地下鉄中央線 大阪港駅〔6〕出口徒歩5分
〔定員〕 大阪、東京とも各50名

午前
・講演1.(10:00~11:00)   「ポリウレタン衣料品のクリーニングトラブル防止について」
  ・・・・・ 大阪府クリーニング生活衛生同業組合クリーニング研究所所長  桑野 富夫 
  衣服のクリーニング処理においては、材料や設計による原因で発生するトラブルが数々発生しています。そのためには商品企画において、素材の特徴や設計を十 分配慮し、洗濯表示の設定を行う必要があります。本講演では、ポリウレタン衣料品(コーティング、合皮、弾性糸)の事故や、そのほかにも様々な事故事例を もとに、その実物を見ながら内容をご紹介し、トラブルに至る不具合のメカニズムや原因を解説し、材料選定や設計面での防止策を紹介します。
・講演2 (11:00~12:00)   「繊維の機能加工について」
  ・・・・・・ 日華化学(株) 笹田 祥弘
 日華化学(株)は、繊維加工剤を中心とした化学品事業と、毛髪科学を基盤とする化粧品事業の2つの事業領域を持つ界面活性剤メーカーです。繊維加工剤の 分野では、精練から仕上げまでの繊維加工の一連工程を網羅し、各工程や素材ごとに必要となる多種多様な薬剤を提供しています。本講演では、はっ水剤や防汚剤 などの弊社機能剤の紹介とその効果を中心に解説します。併せて、加工の注意点についても紹介いたします。

午後
・実習概説  13:00~13:10 (全員)
・実習     13:10~17:00 (グループごとに実習)
  各実習項目では、その素材や加工が目的とするメリット効果についての試験方法と共に、注意を要する別の特性についても解説し、実習で学んでいただきます。
  実習項目  試験法   講師 
ポリウレタン弾性糸 ストレッチ性、脆化、飛び出し
 【東京】
(一財) 日本繊維製品品質技術センター 職員

【大阪】
(一財)ボーケン品質評価機構 職員
    
ウレタンコーティング 昇華堅牢度、黄変
抗菌加工 抗菌性、加工剤の安全性
防汚加工 防汚性、帯電性
滑脱防止加工  滑脱抵抗力・引裂強さ
風合い(官能評価)
はっ水加工  はっ水性
チョークマーク等


〔参加費〕会員(学校)9,000円,会員(団体・企業・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円,非会員(団体・企業・官公庁)17,000円,学生3,000円
※新型コロナウイルスの感染予防につき、第47回消費性能試験法講習会は東京、大阪とも中止(または延期:開催未定)になりました。何卒ご了承ください。

〔問合せ先〕
 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

事業企画委員会消費性能試験法講習会分科会
安田温(カケンテストセンター),森下美樹子(カケンテストセンター),本並宜子(ボーケン品質評価機構),小林昭嗣(ボーケン品質評価機構),吉丸孝一 (日本繊維製品品質技術センター),三谷進(日本繊維製品品質技術センター),水沼隆(ニッセンケン品質評価センター),森田昭代(ミズノ(株)),檜垣 研((株)デサント)

第32回 ファッション造形学セミナー
「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」


 ジャケットの中でも多くのパタンナーが苦手意識を持っている3面マニピュレのジャケット。その構造を独自の理論で分かり易く解説します。また、コンパス を使った襟の作図や、袖の目をずらさずに捻りを入れる2枚袖の作図など、従来とは違う作図法も紹介します。更に、掟破りのアイロンのくせ取りなど、従来の 常識にとらわれない視点からテーラード・ジャケットを攻略します。講師は2017年に東京都優秀技能者(東京マイスター)を受賞されたドレスメーカー学院 特任教授の菊地正哲氏をお迎えいたします。皆様のご参加をお待ちしています。 ※新型コロナウイルスの感染予防のため、第32回ファッション造形学セミナーは中止になりました

〔主 催〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会  
〔協 賛〕一般社団法人 日本家政学会
〔日時〕2020年3月7日(土) ~8日(日) 
〔会場〕文化学園大学 A館13階実習室(〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1)
  交通アクセス:JR(山手線・中央線・総武線・埼京線)
  地下鉄(都営新宿線・都営大江戸線・丸の内線)
  小田急線・京王線→新宿駅南口より甲州街道に沿って初台方面へ徒歩7分
〔定 員〕40名
〔内 容〕
3月7日(土)13:00~17:00
 12:30~受け付開始
 13:00~13:10 開会・お知らせ
 13:10~15:00 講義
 15:00~15:15 休憩
 15:15~16:45 講義・作図師範
 16:45~17:00 質疑応答

3月8日(日)10:00~15:45
 10:00~10:10 開会・お知らせ
 10:10~12:00 作図実習
 12:00~13:00 昼食休憩
 13:00~15:30 作図実習
 15:30~15:45 質疑応答
 15:45  閉会

 今回は9号サイズの原型を使用して作図をします。ご自分のサイズで作図を希望する方はご自分の原型を持参してください。(原型はバストダーツと後ろ肩ダーツの入ったウエストまでのもの)
〔持参品〕製図用具一式、コンパス(15cm以上の円が書けるもの)、カッター又は紙切りバサミ
〔定 員〕40名
〔参加費〕会員(学校)15,000円, 会員(企業・団体・官公庁)20,000円, 学生5,000円,非会員(学校)20,000円,非会員(企業・団体・官公庁)25,000円
〔材料費〕 500円 
※新型コロナウイルスの感染予防のため、第32回ファッション造形学セミナーは中止になりました。

〔問い合わせ先〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

ファッション造形学研究委員会
委員長:大塚美智子(日本女子大学)
委  員:加藤登志子(文化ファッション大学院大学),金 炅屋(信州大学),滝澤 愛(椙山女学園大学),延澤 直樹,平良木啓子(文化学園大学),丸田 直美(共立女子大学),渡邊 敬子(京都女子大学

研究談話会(東海支部)


[主  催]日本繊維製品消費科学会 東海支部
[日  時]2020年 3月11日(水)10:00~11:30
[会  場]名古屋女子大学 南3号館111教室 名古屋市瑞穂区汐路町3-40
 名古屋駅から地下鉄桜通り線・徳重行に乗車し、「瑞穂区役所」下車、東へ徒歩5分
[講  師]名古屋女子大学 間瀬清美氏
[内  容]「被服材料系におけるe-Learningコンテンツの事例紹介」
[参 加 費]500円(学生無料)
[申込方法]3月4日(水)までに、「研究談話会」と明記し、氏名、所属(学生は学年も)、電話番号、メールアドレスをご記入の上、下記までメールにてお申込ください。
[申 込 先]〒467-8610 名古屋市瑞穂区汐路町3-40 名古屋女子大学短期大学部 原田妙子 E‐mail TEL:052-852-9482(直通)


第39回クリーニングに関する情報セミナー
~コインランドリーを含むクリーニング機と商業クリーニングの理解~


  商業クリーニングが、どのような機器により、どのように行われているかを把握しておくことは重要です。また、商業クリーニングと家庭洗濯を補完するものとして最近大きな成長を見せているコインランドリーについても関心が高まっています。
 今回のセミナーは、講演と見学を組み合わせた形で、業務用クリーニング機器のリーディングカンパニーである株式会社TOSEI様のご協力で行います。石 油系ドライ機、洗濯脱水機(ウェットクリーニング対応機も含む)、乾燥機、コイン式洗濯乾燥機などを製造しておられる企業です。コインランドリーで洗濯し た衣類をその場で撮影・出品が可能に、というメルカリとの協業が最近話題にもなりました。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。なお、同業者の方も参加いただけます。
※新型コロナウイルスの感染予防のため、第39回クリーニングに関する情報セミナーは中止(または延期:開催未定)になりました。

[日時] 2020年3月17日(火) 13:30~16:50
[会場] 株式会社TOSEI 静岡工場
 〒410-2325 静岡県伊豆の国市中島244
 アクセス:三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺行で約30分、大仁下車徒歩約12分
   自家用車での参加ご希望の方は、事務局に事前にご連絡・ご相談ください。
[内 容]
13:00 受付開始
13:30-14:30 講演1「商業クリーニングと各種クリーニング機の解説」
  工場見学に先立って、ドライクリーニング、ウエットクリーニングなどの洗いから仕上げまでの工程の基本的なことや機器の構造・仕組みなどを説明していただきます。

14:30-15:00 講演2「コインランドリーについて」
  (株)TOSEIは、コインランドリー機器を製造するとともに、コインランドリー事業の展開 もされています。進化している最新の機器の解説やコイン ランドリー事業の現状(サイズ的に 家庭では洗えないものが洗える話や店舗数の推移等)と将来について、TOSEI様の意欲的な取り組み(コラボ事例等) も含めて語っていただきます。

15:10-16:10 工場見学(洗濯機、真空包装機、コインランドリーなど)
  班に分かれて、製造現場の見学をしていただきます。なお、見学の開始・終了時刻は目安で、当日の状況によります。

16:20-16:50 質疑応答
 
〔定 員〕 30名 ※当日は、動きやすい服装、滑りにくい靴でお越し下さい。
〔参加費〕 会員:5,000円, 非会員:7,000円, 学生:2,000円
※新型コロナウイルスの感染予防のため、第39回クリーニングに関する情報セミナーは中止(または延期:開催未定)になりました。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


岡本株式会社奈良事業所見学会
~岡本株式会社のR&D部門とソックス生産工場~


 先の消費科学会60周年において「消費科学フロンティア賞」を受賞された岡本株式会社様のご協力の下、同社奈良事業所の見学会を開催いたします。
 岡本株式会社は、日本のレッグウエアの専業メーカーとして、紳士・婦人から子ども用までのソックス、パンティストッキング、タイツなど靴下類全般を製造 販売しています。奈良工場では、それらソックスの製造工程※を見学させていただきます。また、これまで長年靴下一筋でこられた同社では、脚の研究、素材の 研究、編機の研究など様々な研究を行っており、その研究成果や古い編機など靴下に関わる歴史もご覧いただけます。
 講演では、大ヒット商品となった「脱げないココピタ」や、2015年の販売開始以来人気商品となっている「靴下サプリ(まるでこたつソックスなどのシリーズ)」の商品開発にまつわるエピソードなども披露頂けますので、ご参加者の商品開発の一助になれば幸いです!
 貴重なこの機会に、皆様のご参加をお待ちしております。尚、同業他社様のお申し込みについてはお断りさせていただく場合がございます。また、脱げないココピタ、パンティストッキングやタイツの生産は別工場になるため、ご覧になれませんのでご了承ください。

 ※新型コロナウイルスの感染予防のため、岡本株式会社見学会は中止になりました。何卒ご了承ください。
〔日 時〕 2020年3月25日(水)  13:50~16:40
〔会 場〕 岡本株式会社 奈良事業所(奈良県北葛城郡広陵町大字大塚150-1)
〔集 合〕 13:50 奈良事業所 正門
 ≪アクセス≫
  近鉄大阪線 築山駅 から徒歩約10分

〔内 容〕
13:50  集合
13:55~14:00 学会挨拶
14:00~15:00 岡本株式会社の紹介、及びご講演
(靴下の歴史、会社紹介、商品紹介(脱げないココピタ含む)、研究部門の紹介、その他)
15:00~16:15
 (1)工場見学(工場の概要説明と靴下の生産工程)
 (2)研究部門および靴下工房見学(環境実験室、研究成果、古い編機など)
16:15~16:30 質疑応答
16:40 解散

〔定 員〕 先着30名(申込み状況によって、同一企業複数名でのご参加をご遠慮いただく可能性がございます。予めご了承ください。)
〔参加費〕 会員:3,000円、非会員:4,000円、学生:2,000円
   ※新型コロナウイルスの感染予防のため、岡本株式会社見学会は中止になりました。何卒ご了承ください。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


第59回「快適性・健康を考えるシンポジウム」
快適性・健康を製品設計に活かす ~快適性評価のすべてがここに~


 「快適な商品」と言うことは簡単ですが、「快適さ」を機器で数値化することは容易ではありません。「快適さ」を数値化することができれば、製品設計や目 標値が設定でき、快適性に優れる商品を開発する道筋が見えてきます。ここで被服の快適性は大きく温熱的快適性、運動機能性、風合いに関わるものがあり、そ れぞれ、人間に刺激を与える環境の刺激を数量化し、その刺激を受け取る側の人の反応を数値化することが必要となります。そこで快適性の数値化には、環境・ 被服の刺激の評価のために「熱・水分特性」「圧力特性」「肌触り」の評価が必要となります。一方、人体側の反応の評価指標として心理・生理・行動反応の評 価が必要となります。
 今回のシンポジウムでは、「快適性・健康研究委員会」の委員より、「快適性・健康を製品設計に活かす~快適性評価のすべてがここに~」をテーマに、 「熱・水分特性」「圧力特性」「肌触り」「心理・生理・行動反応」の評価手法について研究事例を交えながら紹介いたします。「快適性」をキーワードに商品 開発を進められている方々の一助になればと思っております。

〔日  時〕 2020年4月24日(金)10:00~17:00
〔会  場〕 キャンパスプラザ京都(予定)
(内容)
(10:00~10:10)開会の挨拶・概要説明
(10:10~10:40)1.「着衣の熱水分移動と温熱的快適性」・・・・・横浜国立大学 薩本 弥生
 地球温暖化が問題とされる今、着衣による体温調節補助作用は快適性・健康に関わり重要です。温熱的快適性には着衣の熱水分移動性能が影響します。また、 被服素材だけでなく着衣のデザインが貢献します。そこで、素材要因やデザイン要因に分けて、着衣の温熱的快適性に関して解説したいと思います。
(10:40~11:10)2.「触り心地と材料特性の関係」・・・・・・神戸大学 井上 真理
 1980年に行われた布の風合い研究に加えて、近年は布以外の物質の触感を含めたテクスチャーの触知覚メカニズム研究も進んでいます。KESによる布の 物理特性の計測・評価方法、主観評価と客観評価結果との対応づけの基礎、織物・編物はじめ不織布の触感評価から人工皮革や樹脂材料への応用について解説し ます。
(11:10~11:20)休憩
(11:20~11:50)3.「快適性評価を活用した製品設計事例紹介、衣服圧のシミュレーション」・・・・・旭化成株式会社 出口 潤子
 温熱的快適性の観点から開発した伸縮発熱素材や涼感パンスト、運動機能性を追求した素材など快適性に着眼した商品開発例についてご紹介します。また、シミュレーションを利用した製品開発例についてもご紹介します。
(11:50~12:20)4.「寝具の快適性、寝姿勢」・・・・・和洋女子大学 嶋根 歌子
 健康で快適な睡眠を得るために、寝具は大きな役割を果たしています。楽な寝姿勢であっても、長時間同じ姿勢を続けていると下になった側にうっ血が生じ、 無意識のうちに寝返り(体動)を打っています。硬さの異なる敷寝具を中心に、寝姿勢と体圧分布や寝心地との関係について紹介します。
(12:20~13:10)昼食
(13:10~13:40)5.「温熱的な感覚評価と加齢」・・・・・京都教育大学 深沢 太香子
 年齢を重ねると、温かさや冷たさの温度の感じ方が鈍くなるようです。熱中症予防や冷え予防には、寒さや暑さに応じた衣服の着脱が重要な手立てとなります。そこで、温度の感じ方の年齢による変化について、データを示しながら解説します。
(13:40~14:10)6.「女性ホルモンの生理作用」・・・・奈良女子大学 鷹股 亮
女性ホルモンには、生殖以外に様々な生理作用があります。体重・摂食調節に及ぼすエストロゲンの作用とそのメカニズムについて、データを示して解説します。
(14:10~14:40)7.「環境ストレスが体温調節、発汗、皮膚血流量に及ぼす影響」・・・・・奈良女子大学 芝﨑 学
 温熱的快適性には皮膚における水分や熱の移動が大きく関係します。熱・水分特性は物理的な評価ですが、快適性は主観的であるため、1対1の単純な関係に はならず、多様な情報から方向性を導く必要があります。今回はこれらの中間で両者を左右するヒトの皮膚における体温調節機能である発汗と皮膚血流調節につ いて解説します。
(14:40~14:50)休憩
(14:50~15:20)8.「快適性評価を活用した犬用商品の開発事例紹介」・・・・・・東洋紡株式会社 小松 陽子
 人を対象としてきた快適性を犬に転用し、犬用敷材を開発した事例をご紹介いたします。快適な商品を開発する際の参考となればと思います。
(15:20~15:50)9.「湿潤感の評価」・・・・・東京家政大学 潮田 ひとみ
 ヒトの皮膚感覚受容器には、蒸れる、濡れるといった水分移動に対応する受容器がないことが知られています。このような湿潤感について現在わかっていることを紹介したいと思います。
(15:50~16:00)休憩
(16:00~16:45)総合討論
(16:45~17:00)名刺交換会

〔定  員〕 80名
〔参 加 費〕 会 員(学校) 9,000円,会 員(企業・団体・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円,非会員(企業・団体・官公庁)17,000円,学生3,000円 
〔申込方法〕参加をご希望の方は、近日中に掲載する申込みフォームより必要事項を記入してお申込みください。
〔申込・問合せ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

快適性・健康研究委員会
委員:薩本弥生(横浜国立大学)、井上真理(神戸大学)、潮田ひとみ(東京家政大学)、小柴朋子、小松陽子(東洋紡(株))、芝﨑学(奈良女子大学)、嶋根歌子(和洋女子大学)、鷹股亮(奈良女子大学)、出口潤子(旭化成(株))、深沢太香子(京都教育大学)
顧問:田村照子(文化学園大学名誉教授)、中島利誠(お茶の水女子大学名誉教授)、原田隆司(元東洋紡績(株)技監)、平田耕造(神戸女子大学)
会友:石丸園子(東洋紡(株))、成瀬正春(名古屋文化短期大学)、米田守弘(奈良女子大学)

第38回消費科学講座(予告)
「繊維は酷暑を克服できるのか?」
-夏場の運動やビジネスシーンにおける最適な衣料とは-


 先日閉幕した「国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)」での地球温暖化対策は、市民活動家の登場もあってか、市民生活を脅かす身近な問題として認識されるようになりました。その中で、近年、身近な暑さ対策として注目を集めているのが、クーリングアイテムです。接触冷感のあるインナーシャツは、オフィスでのクールビズの普及と相成って、夏衣料の中心となりました。また、電動ファン付きジャケットは、建設業を中心に、広く活用されるようになりました。さらに、若い女性を中心に、小型のハンディ扇風機がブームとなりました。これらは、体温を直接下げる働きのあるものや、汗を素早く乾かすもの、冷たいと感じる感覚に働きかけるものなど、クーリングのレベルはさまざまです。その一方で、消費者は、労働やスポーツといった場面において、いつ、どのような場面で、これらのアイテムを使えばよいのか、判断が難しい側面もあります。特に、間近に迫った2020年の東京五輪は、夏の酷暑で行われます。競技者のみならず観戦者の暑さ対策には、産官学含めた早急な対応と、正しい知識の啓蒙が必要です。
 本講座では、暑熱関係の学識者やクーリングアイテムを開発するメーカーを交えた講演から、幅広く最新の情報を知ることが出来ます。クーリングの正しい知識を学び、厳しい夏の酷暑を乗り切ろうではありませんか。皆様のご参加をお待ち申し上げます。

〔日時・会場〕
2020年5月15日(金)大阪会場(ドーンセンター)
2020年5月22日(金)東京会場(日本女子大学新泉山館)

学術講演2題
基調講演1 「身体運動と体温制御機構」
 ・スポーツ/運動における体温変化や暑熱対策
基調講演2 「夏季に快適な建築物/施設設計」
 ・環境派と呼ばれる建築設計手法における暑熱対策の研究事例紹介
  特に,建築構造物の温熱快適設計には,人の着衣を考慮したモデルを組んでいる.その紹介など

商品開発事例紹介4題
1.スポーツに求められるクーリングとは?
 ・電動ファン付きクーリングジャケットは、現場労働者を中心に普及し始めているが、スポーツ分野にも拡大しつつある。その他、接触冷却や冷感ウエア開発の背景など。
 ・スポーツ選手、スポーツ観戦、趣味等で酷暑に対応できるウエア設計、素材開発などの製品開発事例
2.ビジネスマンのクーリング
 ・現場労働者を中心とした空調服
 ・オフィス労働者を中心としたクーリング。スーツ、Yシャツ、ソックス、シューズ
 ・一般消費者向けインナーのクーリング(接触冷感肌着の市場は大きい)
3.寝具、寝巻きのクーリング
 ・クーリングパッド、接触冷感タオルケット、クーリング枕など、寝苦しさを解消する寝具が人気
4.クーリング飛び道具
 ・冷却スプレー、ミスト、シャツクールなど、肌やシャツに振りかけて暑さをしのぐ事例など

 詳細が決まりましたら、3月号学会誌・学会ホームページに掲載します。
〔問合せ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail   


直線上に配置

各行事の詳細は、学会事務局まで


 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail