このページを開いたとき、ブラウザーに、「セキュリティ保護のために制限がかかっている」旨などの表示が為されることがありますが、これは、このページに記載のe-mailアドレスの保護の為の方策(アドレスをJavaScriptで記述)によるものですので、制限を解除(許可)していただいて問題ありません。

学 会 行 事
直線上に配置

 主な学会行事としては、例年6月に行われている年次大会(総会・研究発表・講演など)、消費科学シンポジウムクリーニングに関する情報セミナー快適性・健康を考えるシンポジウム(例年、年2回開催)、ファッション造形学セミナー消費性能試験法講習会消費科学講座見学・研修会実践アパレル講座各支部の行事、などがあります。

 このページでは、今後の学会主催の行事予定をお知らせします。学会誌12月号の会告の内容を反映しています。クリックして記載の事項をご覧下さい。<2019年12月24日改訂。>

2020学術ミキサー(3学会共催)<1月24日、大阪>
スマートテキスタイル研究会(第21回)(共催)<1月28日、京都>
第54回卒業論文発表会(関東支部)<2月13日、東京>
第37回消費科学講座 「健康に生きる」~生涯現役社会の実現~<2月14日東京、2月28日大阪>
第8回オリンピック・パラリンピック勉強会<2月21日、京都>
第47回 消費性能試験法講習会 繊維製品の付加価値とリスク ~機能と事故を考える~<3月6日東京、3月19日大阪>
第32回 ファッション造形学セミナー「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」<3月7日・8日、東京>
第39回クリーニングに関する情報セミナー~コインランドリーを含むクリーニング機と商業クリーニングの理解~<3月17日、伊豆の国市>
岡本株式会社奈良事業所見学会~岡本株式会社のR&D部門とソックス生産工場~<3月25日、奈良>

各行事の申込先に、e-mailアドレスを記載している場合がありますが、迷惑メールの原因とならないよう配慮しています。(アドレスを単純なテキストとして載せるのではなく、特殊な記述方法を採用しています。)

直線上に配置

2020学術ミキサー(3学会共催)


 新年を迎えるにあたり,繊維関連の3学会(日本繊維機械学会,繊維学会,日本繊維製品消費科学会)共催による「2020 学術ミキサー」を大阪で開催いたします.3学会共催による開催も6年目となりました.今回は,(株)アシックス取締役西脇剛史氏に「繊維が創るスポーツ健康社会」と題してご講演いただきます.
 (株)アシックスは,神戸で創業した鬼塚㈱が原点であり,プロ・アマに限らずアスリートたちの願いに応えるべく,構造開発のみならず,ソールなどの材料開発を自社で行い,バイオメカニクス(=生体力学)に基づいて高機能・高性能のスポーツ用品・アパレルの開発に力を入れている企業です.西脇氏は,大学時代は高分子化学を専攻され,スポーツ工学研究所に配属,スポーツ工学研究所所長,執行役員を歴任され,現在取締役として,中国部門を担当しておられます.また日本繊維機械学会の副会長,フェローでもあります.トップアスリートのみならず,アマチュアの人たちが安全にスポーツを楽しむことができるようにすることが大事,といつもおっしゃっています.ご講演では,SDGs で謳われている健康の観点でも大事な位置を占めるスポーツと,繊維のかかわりについてお話いただきます.
 交流会では,平素よりご支援,ご指導をいただいております大学,研究機関,企業の方々,ならびにご厚諠をいただいております関連団体の方々との間で情報交換をしていただきながら,3学会の会員同士の連携や繊維関連の学術,産業について今後を展望したいと存じます.
 万障お繰り合わせの上,是非ご出席を賜りたくご案内申し上げます.

【期日】2020年1月24日(金)14:30~17:00(受付開始14:00~)
【会場】大阪科学技術センタービル(大阪市西区靱本町1-8-4)
【共催】日本繊維機械学会,繊維学会,日本繊維製品消費科学会
【内容】予定
(14:30~14:45) 3学会の役員挨拶
(14:45~15:45) 講演「繊維が創るスポーツ健康社会」
  ・・・・・・・・・・・・・・・・(株)アシックス取締役・フェロー西脇剛史
 ラグビーワールドカップ,東京オリンピック・パラリンピック,ワールドマスターズゲームズ関西と世界規模のスポーツ大会が国内で連続開催される昨今は,スポーツをより身近に感じることができる貴重な機会と言える.こういった背景を受けて開発されるスポーツ製品は,アスリートのみならず,スポーツを楽しむすべての方々のライフスタイルを豊かにするミッションを負う.このため,主たる構成要素である繊維が果たすべき役割は大きい.本報告では,スポーツ用品の開発を通し,健康社会への繊維の貢献について報告する.
(15:45~17:00) 交流会(軽食,無料)

【定員】70 名(定員になり次第締め切らせていただきます)
【参加費】3,000 円(税別)
【申込】「2020 学術ミキサー」と明記し,(1)氏名,(2)所属,(3)連絡先(所在地,電話番号,FAX 番号,E-mail アドレス),(4)会員種別,(5)交流会参加有無を記入の上FAX またはE-mail にて下記宛お申し込み下さい。こちらのサイトよりWEB 申込みもできます.
https://tmsj-orjp.sslwww.jp/lecture/20200124_mixer/entry_lecture.php
【問合先・申込先】日本繊維機械学会TEL.06-6443-4691,FAX.06-6443-4694,e-mail


スマートテキスタイル研究会(第21回)(共催)


〔日時〕2020年1月28日(火)13:00~18:00(受付12:30開始)
〔会場〕京都工芸繊維大学松ヶ崎キャンパス60 周年記念館1 階記念ホール
  (京都市左京区松ヶ崎橋上町1) アクセス
〔主催〕エレクトロニクス実装学会・ヘルスケアエレクトロニクス研究会第11回公開研究会
〔共催〕スマートテキスタイル研究会(第21回)、京都工芸繊維大学繊維科学センター

〔内容〕(予定)
「高齢化社会に向けてのエレクトロニクス、人に役立つエレクトロニクス、ヘルスケアデバイス」
(13:00~13.50)(1)「装着型サイボーグHAL®とそれを用いたNeuro HALFIT®について」
   ……大阪・神戸ロボケアセンター 長石井亨宏
(13:50~14:40)(2)「Virtual Human InformatiX Project:ヒト生体5 次元情報ネットワークの計測・解読から拓ける世界」
   …………国際電気通信基礎技術研究所、Karydo TherapeutiX 代表 佐藤匠徳
(15:00~15:50)(3)「SMART IMPEDANCE:シートベルトセンサを中心とした、POSH WELLNESSLABORATORY の技術展開」
   ……POSH WELLNESS LABORATORY代表取締役(産業技術総合研究所招聘研究員(元北里大学)) 根武谷吾
(15:50~16:40)(4)「柔らかいセンサー技術の高齢者介護での活用」…京都工芸繊維大学 桑原教彰
(17:00~18:00) 京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab 見学会
(18:00~19:00) 技術交流会(60 周年記念館2 階大セミナー室)

〔定員〕100名(主催学会含む、定員になり次第締め切らせて頂きます)
〔参加費〕無料(研究会個人会員の方は本人に限り、法人会員の方は複数名参加可能)
  技術交流会:3,000 円。当日受付で現金にてお支払いください。領収書を用意します。
〔参加申込〕研究会申込書に記入の上、FAX またはメールにてお送りください。
〔申込締切〕2020年1月15日(水)17:00
〔問い合わせ・申込先〕日本繊維機械学会スマートテキスタイル研究会担当:高平
 TEL.06-6443-4691/FAX.06-6443-4694/E-maill


第54回卒業論文発表会(関東支部)


 令和元年度卒業論文発表会を下記の通り開催致しますので、奮ってご参加下さいますようお願い致します。

[日  時]2020年2月13日(木)13:00~17:30(予定)(研究交流会含む)
[場  所]共立女子大学 神田一ツ橋キャンパス 2号館(東京都千代田区一ツ橋2-6-1)
[交  通]
◎神保町駅から 東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄(三田線、新宿線)A8出口から徒歩約1分
◎竹橋駅から 東京メトロ東西線1b出口から徒歩約3分
 ※詳細は共立女子大学HP
[発表時間]15分(発表12分,質問3分)
[発表形式]口頭発表(PCプロジェクタ)
[発表申込締切]2020年1月15日(水)必着
[申 込 先]〒194-0292 東京都町田市相原町2600
      東京家政学院大学 現代生活学部 生活デザイン学科 花田 朋美 宛     
      TEL:042(782)3432 E-mail:


第37回消費科学講座
「健康に生きる」~生涯現役社会の実現~


 日本の高齢化率は世界最高の28.4%(2019年9月)と先進国の中でも抜きん出おり、2位のイタリア(23.0%)を大きく上回っています。政府は「生涯現役社会の実現」を政策課題として掲げ、「明るい超高齢社会」の構築を目指そうとしています。高齢者は年齢に比して元気になっており、人生100年時代に向けて、シニア世代をターゲットとした商品開発がますます盛んになることが予測されます。本講座では、元気なシニア世代をターゲットにし、ウェアラブル、スポーツ、アシストスーツ等各分野の専門の先生からご講演頂きます。

[日時・会場] 
2020年2月14日(金)10:00~17:00
  東京会場 日本女子大学 新泉山館 2階会議室
     (〒112-8681 東京都文京区目白台2-8-1)
     交通アクセス:JR山手線「目白」駅徒歩15分又は都営バス5分
        東京メトロ副都心線「雑司ケ谷」駅 徒歩8分
        東京メトロ有楽町線「護国寺」駅 徒歩10分
2020年2月28日(金)10:00~17:00
  大阪会場 ドーンセンター 4階 大会議室3
     (〒540-0008 大阪市中央区大手町1-3-49)
     交通アクセス:京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」下車 徒歩5分
[内 容]
(9:50~10:00) 開会の挨拶
(10:00~11:10)1.「地域高齢者の健康・見守り支援に対する異分野連携による新たな可能性」…………金沢工業大学 佐藤 進
 現在、健康寿命の延伸のための様々な取り組みがなされているが、その中で生じる課題や限界の中には、異分野・異業種の方と連携することで解決のアイディアや糸口が見えてくるものもある。演者は、貴学会とは畑違いの健康・スポーツ分野で仕事をしている人間であるが、これまでの取り組みを紹介しながら、これからの社会における高齢者支援に対する異分野連携のあり方や新たな可能性について,皆さんと考えることができればと思っている。

(11:10~12:00)2.「AGposs®を用いたスマートウェアhamon®の体調管理システム」…………ミツフジ(株)
 ミツフジは1956年に西陣織帯工場として創業後、新規事業展開として銀メッキ導電性繊維AGposs®の研究と開発に取り組んできた。その後AGposs®に特化したビジネスモデルに移行し、2016年12月にAGposs®を使用したウェアラブルプラットフォームhamon®を発表、発売を開始した。生体データが取得できる繊維からクラウドまでをワンストップで提供するウェアラブルIoT企業へ変貌し、現在では連続した精緻な生体データを取得できる独自のテクノロジーとそれを解析するアルゴリズムを元に、社会課題の解決を目指すミツフジのコア技術であるAGposs®と、スマートウェアhamon®を使用した体調管理システムの(または、健康社会の実現にむけた)取組みをご紹介させて頂く。
(12:00~13:00) 昼食

(13:00~14:10)3.「貯筋運動(仮)」…………鹿屋体育大学前学長 東京大学名誉教授 福永 哲夫
 貯筋運動とは、筋力トレーニングの第一人者である福永氏が提唱する毎日行いながら「貯筋」していく道具のいらない筋力トレーニングプログラム。今後増え続ける高齢者の虚弱、筋力低下についても警鐘を鳴らされており、病気や怪我などで一時的に寝込んでも、その後も自分で立って歩ける生活に戻れるよう、日頃から筋肉を鍛えておこうというのが、この「貯筋」という考え方である。

(14:10~15:00)4.「シニア世代の歩行寿命を支えるシューズ開発」…………(株)アシックス 市川 将
  シニア世代の歩行を「スポーツ工学」で支え、これまでさまざまな年代における歩行の特徴を分析しており、その結果とデータは、ライフウォーカーシリーズの商品開発にも生かされている。本講演では、シニア世代で頻発する「転倒」や「関節疾患(変形性膝関節症、外反母趾)」の傾向とその予防・対策を目指したライフウォーカーの設計事例について紹介する。

(15:00~15:10) 休憩
(15:10~16:00) 5.「パワーアシストスーツの原理・効果・市場動向・今後の展開について」…………(有)アトリエケー 北浦 基広
 “人が身に着け、パワーアシストスーツが人と一体となって人の動きを補助する製品”は、農業・建築・福祉医療・製造業・物流で急速の普及をしている。その現状と今後の展開について紹介する。

(16:00~16:50) 6.「生涯現役社会への着るロボットによる貢献」…………(株)ATOUN 藤本 弘道
 作業支援分野への着るロボットの普及が始まっている。年齢や性別に関わらず元気に働ける現場づくりが求められている。また、健康増進を狙った着るロボットにも技術応用は可能である。生涯現役社会に着るロボットがどのように貢献できるか、ATOUNの取り組みを紹介する。

〔定員〕70名
〔参加費〕 会 員(学校) 9,000円, 会 員(企業・団体・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円, 非会員(企業・団体・官公庁)17,000円, 学生 3,000円
〔申込方法〕参加をご希望の方は,こちらの申込みフォーム(東京会場 大阪会場)より必要事項を記入してお申し込みください。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


第8回オリンピック・パラリンピック勉強会


 第8回勉強会では,「アスリート,マラソン」をキーワードに,現役パラアスリート 近藤 寛子 氏(リオパラリンピック・視聴覚障害女子マラソン5位入賞)と競技者の熱中症対策の研究に取り組まれている研究者 山下 直之 氏(京都工芸繊維大学)よりご講演いただきます.講師の先生方より,現役選手ならではの経験談をはじめ,競技者のための暑熱対策につながる知見をお話しいただきます.多くの皆様のご参加をお待ちしております.

〔日時〕2020 年2月21日(金)13:30~16:20
〔場所〕京都教育大学 附属図書館 研修セミナー室1(〒612-8522 京都市伏見区深草藤森町1番地)
    交通アクセス マップ 最寄駅 JR奈良線の場合 JR藤森駅下車 徒歩約3分、京阪本線の場合 墨染駅下車 徒歩約7分
〔プログラム〕
(13:15~13:30) 受付
(13:30~13:35) 開会の挨拶
(13:35~14:50) 講演1「あきらめない心 −マラソン競技の面白さや競技環境、暑さ対策について−(仮題)」
   …………滋賀銀行・陸上部 パラアスリート  近藤 寛子 氏
  ※ご講演時間には,質疑応答(20分程度)を含みます.
(14:50〜15:00) 休憩
(15:00~16:15) 講演2 「アスリートが感じる夏季スポーツ活動中のHeat Stress とその発生要因」
  ………… 京都工芸繊維大学・工芸科学研究科・基盤科学系 助教 山下 直之 先生
  ※ご講演時間には,質疑応答(20分程度)を含みます.
(16:15~16:20)  閉会の挨拶
〔参加費〕会員・非会員共 2,000円  学生 無料
〔申込方法〕参加をご希望の方は,こちらの申込フォームより必要事項を記入してお申込み下さい
〔問い合せ先〕京都教育大学・教育学部 深沢 太香子
       TEL/FAX:075-644-8318 E-maill  


第47回 消費性能試験法講習会
繊維製品の付加価値とリスク ~ 機能と事故を考える ~

 付加価値を与える機能素材・機能加工には、その特性ゆえに発生する事故・リスクがある。機能性と事故リスクが相互に関連する例から、機能の評価方法と品質事故・品質不良の原因を探る手法を学びます。
 消費者ニーズに応えるため、付加価値として付与した機能素材や機能加工が、別の品質事故や機能低下の原因となる場合があります。例えば、ストレッチ性を付与するためのポリウレタン弾性糸が、脆化により飛び出したり、移染の原因になるなどの品質事故は後を絶ちません。
 商品開発においては、ニーズを優先するあまり見落としがちなリスクがあることに十分留意し、多様な観点から危険ポイントを押さえた設計をすることが肝要となります。機能の付加価値とリスク、両面から検討しバランスを取る必要性を理解し、商品設計に生かしていただきたいと思います。
 今回の講座では、クリーニング処理における具体的な事故事例などをご紹介するとともに、品質リスクを未然に防ぐための手法と機能加工剤の特性とリスク・注意点を学んで頂きます。また、機能性の試験方法を中心とした実習を全員に体験いただき、不具合を見抜くための評価方法や、評価のメカニズムを理解いただきます。なお、同業他社の方は、午前の講義のみご参加いただけます。午後の実習にはご参加いただけませんので、予めご了承ください。

〔日時・会場〕
2020年3月6日(金)  9:50~17:00
 東京会場: (一財)日本繊維製品品質技術センター 東部事業所
 <学会誌12月号会告において、所在地の記載が誤っていました。下記が正しい所在地、アクセスです。>

  (〒108-0023 東京都港区芝浦3-13-16)
  交通アクセス:J JR山手線 「田町」 駅東口より徒歩5分
  都営地下鉄浅草線「三田」駅A4出口より徒歩8分
2020年3月19日(木)  9:50~17:00 
 大阪会場: (一財)ボーケン品質評価機構
  (〒552-0021 大阪市港区築港1丁目6番24号)
  交通アクセス:地下鉄中央線 大阪港駅〔6〕出口徒歩5分
〔定員〕 大阪、東京とも各50名

午前
・講演1.(10:00~11:00)   「ポリウレタン衣料品のクリーニングトラブル防止について」
  ・・・・・ 大阪府クリーニング生活衛生同業組合クリーニング研究所所長  桑野 富夫 
 衣服のクリーニング処理においては、材料や設計による原因で発生するトラブルが数々発生しています。そのためには商品企画において、素材の特徴や設計を十分配慮し、洗濯表示の設定を行う必要があります。本講演では、ポリウレタン衣料品(コーティング、合皮、弾性糸)の事故や、そのほかにも様々な事故事例をもとに、その実物を見ながら内容をご紹介し、トラブルに至る不具合のメカニズムや原因を解説し、材料選定や設計面での防止策を紹介します。
・講演2 (11:00~12:00)   「繊維の機能加工について」
  ・・・・・・ 日華化学(株) 笹田 祥弘
 日華化学(株)は、繊維加工剤を中心とした化学品事業と、毛髪科学を基盤とする化粧品事業の2つの事業領域を持つ界面活性剤メーカーです。繊維加工剤の分野では、精練から仕上げまでの繊維加工の一連工程を網羅し、各工程や素材ごとに必要となる多種多様な薬剤を提供しています。本講演では、抗菌剤や防汚剤などの弊社機能剤の紹介とその効果を中心に解説します。併せて、加工の注意点についても紹介いたします。

午後
・実習概説  13:00~13:10 (全員)
・実習     13:10~17:00 (グループごとに実習)  
  実習項目  試験法   講師 
ポリウレタン弾性糸 ストレッチ性、脆化、飛び出し
 【東京】
(一財) 日本繊維製品品質技術センター 職員

【大阪】
(一財)ボーケン品質評価機構 職員
  
ウレタンコーティング 昇華堅牢度、黄変
抗菌加工 抗菌性、加工剤の安全性
防汚加工 防汚性、帯電性


〔参加費〕会員(学校)9,000円,会員(団体・企業・官公庁)13,000円,非会員(学校)13,000円,非会員(団体・企業・官公庁)17,000円,学生3,000円
〔申込方法〕参加希望の方は,こちらの申込フォーム(東京会場 大阪会場)からオンラインでお申し込み下さい。
〔問合せ先〕
 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

事業企画委員会消費性能試験法講習会分科会
安田温(カケンテストセンター)、本並宜子(ボーケン品質評価機構)、小林昭嗣(ボーケン品質評価機構)、吉丸孝一(日本繊維製品品質技術センター)、三谷進(日本繊維製品品質技術センター)、水沼隆(ニッセンケン品質評価センター)、森田昭代(ミズノ)、檜垣研(デサント)

第32回 ファッション造形学セミナー
「実践!レディスパターン教室 テーラード・ジャケット編」


 ジャケットの中でも多くのパタンナーが苦手意識を持っている3面マニピュレのジャケット。その構造を独自の理論で分かり易く解説します。また、コンパスを使った襟の作図や、袖の目をずらさずに捻りを入れる2枚袖の作図など、従来とは違う作図法も紹介します。更に、掟破りのアイロンのくせ取りなど、従来の常識にとらわれない視点からテーラード・ジャケットを攻略します。講師は2017年に東京都優秀技能者(東京マイスター)を受賞されたドレスメーカー学院特任教授の菊地正哲氏をお迎えいたします。皆様のご参加をお待ちしています。

〔主 催〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会  
〔協 賛〕一般社団法人 日本家政学会
〔日時〕2020年3月7日(土) ~8日(日) 
〔会場〕文化学園大学 A館13階実習室(〒151-8523 東京都渋谷区代々木3-22-1)
  交通アクセス:JR(山手線・中央線・総武線・埼京線)
  地下鉄(都営新宿線・都営大江戸線・丸の内線)
  小田急線・京王線→新宿駅南口より甲州街道に沿って初台方面へ徒歩7分
〔定 員〕40名
〔内 容〕
3月7日(土)13:00~17:00
 12:30~受け付開始
 13:00~13:10 開会・お知らせ
 13:10~15:00 講義
 15:00~15:15 休憩
 15:15~16:45 講義・作図師範
 16:45~17:00 質疑応答

3月8日(日)10:00~15:45
 10:00~10:10 開会・お知らせ
 10:10~12:00 作図実習
 12:00~13:00 昼食休憩
 13:00~15:30 作図実習
 15:30~15:45 質疑応答
 15:45  閉会

 今回は9号サイズの原型を使用して作図をします。ご自分のサイズで作図を希望する方はご自分の原型を持参してください。(原型はバストダーツと後ろ肩ダーツの入ったウエストまでのもの)
〔持参品〕製図用具一式、コンパス(15cm以上の円が書けるもの)、カッター又は紙切りバサミ
〔参加費〕会員(学校)15,000円, 会員(企業・団体・官公庁)20,000円, 学生5,000円,非会員(学校)20,000円,非会員(企業・団体・官公庁)25,000円
〔材料費〕 500円 
〔申込み方法〕 参加をご希望の方は,こちらの申込フォームからオンラインでお申し込みください.
〔問い合わせ先〕 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  

ファッション造形学研究委員会
委員長:大塚美智子(日本女子大学)
委  員:加藤登志子(文化ファッション大学院大学),金 炅屋(信州大学),滝澤 愛(椙山女学園大学),延澤 直樹,平良木啓子(文化学園大学),丸田 直美(共立女子大学),渡邊 敬子(京都女子大学

第39回クリーニングに関する情報セミナー
~コインランドリーを含むクリーニング機と商業クリーニングの理解~


  商業クリーニングが、どのような機器により、どのように行われているかを把握しておくことは重要です。また、商業クリーニングと家庭洗濯を補完するものとして最近大きな成長を見せているコインランドリーについても関心が高まっています。
 今回のセミナーは、講演と見学を組み合わせた形で、業務用クリーニング機器のリーディングカンパニーである株式会社TOSEI様のご協力で行います。石油系ドライ機、洗濯脱水機(ウェットクリーニング対応機も含む)、乾燥機、コイン式洗濯乾燥機などを製造しておられる企業です。コインランドリーで洗濯した衣類をその場で撮影・出品が可能に、というメルカリとの協業が最近話題にもなりました。
 多くの皆様のご参加をお待ちしております。なお、同業者の方も参加いただけます。

[日時] 2020年3月17日(火) 13:30~16:50
[会場] 株式会社TOSEI 静岡工場
 〒410-2325 静岡県伊豆の国市中島244
 アクセス:三島駅から伊豆箱根鉄道駿豆線の修善寺行で約30分、大仁下車徒歩約12分
   自家用車での参加ご希望の方は、事務局に事前にご連絡・ご相談ください。
[内 容]
13:00 受付開始
13:30-14:30 講演1「商業クリーニングと各種クリーニング機の解説」
  工場見学に先立って、ドライクリーニング、ウエットクリーニングなどの洗いから仕上げまでの工程の基本的なことや機器の構造・仕組みなどを説明していただきます。

14:30-15:00 講演2「コインランドリーについて」
  (株)TOSEIは、コインランドリー機器を製造するとともに、コインランドリー事業の展開 もされています。進化している最新の機器の解説やコインランドリー事業の現状(サイズ的に 家庭では洗えないものが洗える話や店舗数の推移等)と将来について、TOSEI様の意欲的な取り組み(コラボ事例等)も含めて語っていただきます。

15:10-16:10 工場見学(洗濯機、真空包装機、コインランドリーなど)
  班に分かれて、製造現場の見学をしていただきます。なお、見学の開始・終了時刻は目安で、当日の状況によります。

16:20-16:50 質疑応答
 
〔定 員〕 30名 ※当日は、動きやすい服装、滑りにくい靴でお越し下さい。
〔参加費〕 会員:5,000円, 非会員:7,000円, 学生:2,000円
〔申込方法〕 参加をご希望の方は、こちらの申込みフォームからオンラインでお申込みください。 
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


岡本株式会社奈良事業所見学会
~岡本株式会社のR&D部門とソックス生産工場~


 先の消費科学会60周年において「消費科学フロンティア賞」を受賞された岡本株式会社様のご協力の下、同社奈良事業所の見学会を開催いたします。
 岡本株式会社は、日本のレッグウエアの専業メーカーとして、紳士・婦人から子ども用までのソックス、パンティストッキング、タイツなど靴下類全般を製造販売しています。奈良工場では、それらソックスの製造工程※を見学させていただきます。また、これまで長年靴下一筋でこられた同社では、脚の研究、素材の研究、編機の研究など様々な研究を行っており、その研究成果や古い編機など靴下に関わる歴史もご覧いただけます。
 講演では、大ヒット商品となった「脱げないココピタ」や、2015年の販売開始以来人気商品となっている「靴下サプリ(まるでこたつソックスなどのシリーズ)」の商品開発にまつわるエピソードなども披露頂けますので、ご参加者の商品開発の一助になれば幸いです!
 貴重なこの機会に、皆様のご参加をお待ちしております。尚、同業他社様のお申し込みについてはお断りさせていただく場合がございます。また、脱げないココピタ、パンティストッキングやタイツの生産は別工場になるため、ご覧になれませんのでご了承ください。

〔日 時〕 2020年3月25日(水)  13:50~16:40
〔会 場〕 岡本株式会社 奈良事業所(奈良県北葛城郡広陵町大字大塚150-1)
〔集 合〕 13:50 奈良事業所 正門
 ≪アクセス≫
  近鉄大阪線 築山駅 から徒歩約10分

〔内 容〕
13:50  集合
13:55~14:00 学会挨拶
14:00~15:00 岡本株式会社の紹介、及びご講演
(靴下の歴史、会社紹介、商品紹介(脱げないココピタ含む)、研究部門の紹介、その他)
15:00~16:15
 (1)工場見学(工場の概要説明と靴下の生産工程)
 (2)研究部門および靴下工房見学(環境実験室、研究成果、古い編機など)
16:15~16:30 質疑応答
16:40 解散

〔定 員〕 先着30名(申込み状況によって、同一企業複数名でのご参加をご遠慮いただく可能性がございます。予めご了承ください。)
〔参加費〕 会員:3,000円、非会員:4,000円、学生:2,000円
〔申込方法〕 参加希望の方は、こちらの申込フォームからオンラインでお申し込みください。
〔問い合わせ先〕一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail  


直線上に配置

各行事の詳細は、学会事務局まで


 一般社団法人 日本繊維製品消費科学会事務局
  〒530-0042 大阪市北区天満橋2-2-7-403 (アルカディーナ天満橋リバーサイド)
  TEL: 06-6358-1441 FAX: 06-6358-1442 e-mail